スマートフォン版を表示

2016年10月24日

特集!REIT「仕事x人」インタビュー

株式会社星野リゾート・アセットマネジメント

株式会社星野リゾート・アセットマネジメント投資運用部 アセットマネジメントチーム 長井 恭平氏

――そもそも星野リゾートグループに入社したきっかけは?

長井さん:大学生のとき、地元の山口県をはじめ衰退していく地方をどうにかしたいという思いを持ち、そのときにこれからの地方は観光業でやっていく時代ではないかと考え、また山口県が政策的にも観光業に力を入れ始めた時期であったこともあり、そういう分野でいずれは地元の地域活性に携わるような仕事をしたいと考えました。そのためには、自分もまずどこかの分野でプロフェッショナルになって、一プレイヤーとして帰らないといけないと思い、単なるホテル業ではなく、地域の魅力を取り込んで発信する施設を作るなど、広い視野で地域を見ている会社だと思い、ホテルのサービスだけでなくいろいろなことを勉強したいと思って星野リゾートに入社しました。まさか不動産金融の仕事をするとは1ミリも思っていなかったです(笑)。

新田さん:昨年入社して丸一年となります。前職はホテルの新規開発とリノベーションを担当していましたが、そのときホテルの業界紙でよく見かけていたのが星野リゾートでした。特にリノベーションを数多く手掛けていた事例を見て、星野リゾートは施設ごとに独自のコンセプトを持って取り組んでいるのが印象に残っていて、面白そうと気になっていました。転職を考えたときに星野リゾートの募集が目に入り、ぜひ中から関わることができればと思い入社しました。

――長井さんのこれまでのホテルの運営のご経験から、現在のお仕事で大切にしている視点は?

長井さん:アセットマネジメントに所属していると、数字の情報にしか触れられない部分が多いのですが、その数字の背景にはどういう取り組みがあるのか、そこにきちんとした根拠や戦略があるのかという視点は大事にしています。星のや京都がそうであったように、ホテルとしての獲得や客室料金の向上に向けた戦略の裏に確固たる裏づけが備わっているか、そしてその取り組みにスタッフが主体的に取り組めるようになっているかといった点について、月に1回各物件に行く機会があるので、そのような機会を使いながら情報を聞いて確かめるようにしています。

――今まで手掛けられた物件で具体的に取り組んだことは?

写真:ANAクラウンプラザホテル広島 提供元:星野リゾート・リート投資法人

長井さん:まだ担当してから日が浅いのですが、今年は「ANAクラウンプラザホテル広島」の宴会場の改装工事を担当し、投資計画を作り込みました。9月頭に完了したばかりなので、実際の効果が出るかどうかについてはこれからモニタリングしていきますが、ホテルのバリューアップに向けたロジックを現地の方と綿密に詰めながら計画を練り、その投資によって施設の魅力が一段と増し、それが収益につながって、さらにその利益が新しい投資につながるという循環をつくるということは、やりがいであり重大な責任でもあると思います。

――的場さんが日常業務の中で大切にされている視点は?

的場さん:物件購入や資金調達の場面において、会計上や税務上の様々な論点を事前に把握をすることを心がけています。ルールに基づいてどのような処理が必要かを事前に予測して外部専門家等の意見を仰ぎ整理し、その前提で計数計画がきちんとワークするかも併せて検証しています。

1|2|3|4|5|6
  • PR

  • PR

物件取得価格ランキング
1 新宿マインズタワー 1,338億円
2 六本木ヒルズ森タワー 1,154億円
3 東京汐留ビルディング 1,100億円
4 汐留ビルディング 964億円
5 北の丸スクエア 816億円
株価値上り率ランキング
1 三井不ロジ +1.40%
2 阪急リート +1.15%
3 SIA不動産 +1.06%
* 当サイトはJ-REIT(不動産投資信託)の情報提供を目的としており、投資勧誘を目的としておりません。
* 当サイトの情報には万全を期しておりますがその内容を保証するものではなくまた予告なしに内容が変わる(変更・削除)することがあります。
* 当サイトの情報については、利用者の責任の下に行うこととし、当社はこれに係わる一切の責任を負うものではありません。
* 当サイトに記載されている情報の著作権は当社に帰属します。当該情報の無断での使用(転用・複製等)を禁じます。