スマートフォン版を表示

2016年10月24日

特集!REIT「仕事x人」インタビュー

株式会社星野リゾート・アセットマネジメント

株式会社星野リゾート・アセットマネジメント総合企画部 IR担当 新田 恵氏

――新田さんがお仕事で大切にされている視点は?

新田さん:IRは投資家への情報提供、コミュニケーションが主になるので、間違った情報開示は許されないですから、正確な情報をお伝えしなければいけないという点が、この一年のなかでプレッシャーに感じていたところです。それをどういった手段や表現で伝えていくか日々気を使っています。そのために、様々な情報を抱えている投資運用部や財務管理部と日頃の情報の共有を大事にしています。その中から開示するべき情報、開示する上で必要な情報の選別等を行いますが、対投資家とのコミュニケーションはもちろん、社内の情報交換をどのようにうまく進めていくかという点に難しさを感じており、自分自身の今後の課題でもあると感じています。

――外国人投資家が増えているが、評価されているポイントは?

新田さん:上場以降、徐々に投資主の外国法人比率が増えてきたのは、もちろんJリートのマーケットの影響もあると思いますが、星野リゾート・リート投資法人としての評価は、3年間で資産規模を6倍まで拡大させ、分配金も毎期成長させてきたことから今後への期待も表れていると思いますし、またスポンサーである星野リゾートのビジョンや運営力の高さ、今後の方針について海外の方にも興味を持って頂き、理解頂けていることが大きいと思います。特にインバウンドには頼らないことを掲げる星野リゾートグループと、他のホテル運営会社や他のホテルREITで、違いがある点が興趣深いお声を多くいただいていると思います。

――長井さんが担当されているホテルについて、どういった特徴がありますか?

長井さん:担当するシティホテルは、ビジネス寄りではなく、レジャー需要を積極的に取ろうとしています。IHG・ANA・ホテルズグループジャパン等、星野リゾートが運営会社でないホテルが担当なので、星野リゾートだからこそという部分は端的にはありませんが、星野リゾートの物件や他の運営会社の物件を横並びで見ることができるという点は優位だと思います。例えば、運営予測の精度ならこっちが高い、マーケティングなら星野リゾートが上手い等、いろいろ得手不得手があるので、さまざまな運営ノウハウを一望できることは、昨年まで旅館運営に携わっていた私にとって非常に興趣深いです。

――レジャーというと、外国人客も多い?

長井さん:ANAクラウンプラザホテルはグローバルブランドなので、外国の方も多いですが、割合として20%程度で、国内需要が主要です。

1|2|3|4|5|6
  • PR

  • PR

物件取得価格ランキング
1 新宿マインズタワー 1,338億円
2 六本木ヒルズ森タワー 1,154億円
3 東京汐留ビルディング 1,100億円
4 汐留ビルディング 964億円
5 北の丸スクエア 816億円
株価値上り率ランキング
1 日本賃貸住宅 +1.52%
2 森トラストホテル +1.33%
3 シニアリビング +1.27%
* 当サイトはJ-REIT(不動産投資信託)の情報提供を目的としており、投資勧誘を目的としておりません。
* 当サイトの情報には万全を期しておりますがその内容を保証するものではなくまた予告なしに内容が変わる(変更・削除)することがあります。
* 当サイトの情報については、利用者の責任の下に行うこととし、当社はこれに係わる一切の責任を負うものではありません。
* 当サイトに記載されている情報の著作権は当社に帰属します。当該情報の無断での使用(転用・複製等)を禁じます。