スマートフォン版を表示

2016年10月24日

特集!REIT「仕事x人」インタビュー

株式会社星野リゾート・アセットマネジメント

――的場さんは、財務部門のご担当として、現在の金融環境についてどのようなお考えをお持ちですか?

的場さん:現状未曾有の低金利が続いており、調達サイドとしては非常に良い環境だと思っています。一方で、最近の金利や為替の相場を見ますと、官製相場とも言われていますが、金融政策に一喜一憂している状況に感じます。今後も金融政策には注視していく必要があると思います。

――星野リゾートグループならではの会社の魅力について。スポンサーの星野リゾートのプロジェクトの進め方が、トップダウンでなく担当者に任せることが多いとメディアで拝見します。

長井さん:当社も星野リゾートグループの子会社ですので、星野リゾートの文化が息づいていると思います。最終的な決定権は社長なり部長なりにあるとしても、その前段階でしっかり担当レベルに深く意見を求められますし、しかるべきときに意見を求められるという意味では、星野リゾートグループの特徴が活きていると思います。

的場さん:担当者の裁量は大きく、会社としての意志決定において、自分の考えや成果物を発表する機会が多く、各自が自分の仕事に大きな責任を持っているという意味では大変な部分も多いですが、やりがいも多いと思います。

――今後仕事されていく上で、目標やビジョンは?

新田さん:課題があり過ぎて(笑)。まだ決算IRは2回しか経験していないので、機関投資家の皆さまの顔を覚えるだけなく、私の顔と名前を覚えていただくことも重要だと感じています。やはり上席には機関投資家の方からお話を聞くために電話かかってきたりしますので、そういうのを見ていると、私自身がIR担当として覚えて頂くのが今後の目標のひとつです。

――長期的な部分では、運用業界ではIRでかなり大きな責任を持たれる立場の女性の方も多いです。

新田さん:確かに女性のIR担当が増えていて、女性だからこその強みについてお話しを伺う機会もあります。IRに限らず女性が活躍できる場は増えていますし、社内の女性の数も増えているので、私もその活躍できる一員になりたいと思います。女性のIR担当者の懇親会に参加させて頂いたこともありますが、そういった情報交換の場は大切にしたいと思っています。

長井さん:私もまだ一年も経っていないので、自分の担当している物件の目先のことに目が行きがちで、投資運用部長に言われて初めて気づく視点が多々あります。ポートフォリオ全体の状況を加味したときに自分の担当物件ではどうかという俯瞰的視点にまだまだ思いが至らないことが多いので、そういった部分も徐々に考えられるようになりたいと思います。

1|2|3|4|5|6
  • PR

  • PR

物件取得価格ランキング
1 新宿マインズタワー 1,338億円
2 六本木ヒルズ森タワー 1,154億円
3 東京汐留ビルディング 1,100億円
4 汐留ビルディング 964億円
5 北の丸スクエア 816億円
株価値上り率ランキング
1 三井不ロジ +1.40%
2 阪急リート +1.15%
3 SIA不動産 +1.06%
* 当サイトはJ-REIT(不動産投資信託)の情報提供を目的としており、投資勧誘を目的としておりません。
* 当サイトの情報には万全を期しておりますがその内容を保証するものではなくまた予告なしに内容が変わる(変更・削除)することがあります。
* 当サイトの情報については、利用者の責任の下に行うこととし、当社はこれに係わる一切の責任を負うものではありません。
* 当サイトに記載されている情報の著作権は当社に帰属します。当該情報の無断での使用(転用・複製等)を禁じます。