スマートフォン版を表示

2016年10月24日

特集!REIT「仕事x人」インタビュー

株式会社星野リゾート・アセットマネジメント

――個人投資家へのIRとしての難しさを含めて、運用会社としてどうお考えか?

新田さん:個人投資家とのコミュニケーションは、電話の問い合わせやセミナー等での直接お会いしてのやり取り等を通じてですが、その多くが、星野リゾート・リート投資法人の投資口を持っていない方で、かつ星野リゾートの名前は聞いたことがあるけれども星野リゾート・リート投資法人自体を詳しくご存じない方が大半です。スポンサーの星野リゾートの認知度が年々上がってきているからこそ、REITの役割やREITとしての成長方針を知りたいという方が多く、中には星野リゾート=星野リゾート・リート投資法人と思われている方もまだ多くいらっしゃるので、まずREITとは何かということから丁寧に説明しなければいけないと感じています。その上で星野リゾート・リート投資法人の存在感を上げていくために、REITとしての成長方針を上手くアピールする必要があると感じています。

――星野リゾートには「マルチタスク」という概念があります。今の仕事を突き詰めていくというやり方もあるし、他の部署にいくというやり方もあるが。

長井さん:今日のメンバーはそれぞれ三者三様に部署が違いますけれども、それぞれにある程度高い専門性や知識を要求されるところなので、例えば明日来たら他部署というのは難しいですが、そういうことが出来たら長い目で見ればプラスになるような気がします。
的場さん:専門性を突き詰めていくのもありだと思いますし、一方いろいろ経験した方が長い目で見るといいのかもしれないですし、そこは今のところわからないです。
ただ、どの部署で業務をするにあたっても、他部署の動きにも敏感でないといけない仕事だと思っています。

――最後に、会社や仕事の魅力を一言ずつお願いします。

長井さん:私が担当しているシティホテルは、同じ都市に同じようなクラスのホテルがあることが多く、常に相対的に選ばれるものだと思うのですが、一方、星野リゾートの旅館は、自分達の施設の作り込みと魅力訴求の仕方次第で価格設定ができる、プライスリーダーとなりうる性格の施設だと思います。そういう意味で、自分達ならではプロダクトを作っていく際の、資金面での原動力になれるREITは魅力ややりがいもあり、面白いところだと思います。その分、責任は重大ですが、そういう役割が担えるというのは非常にいいなと思います。

的場さん:業種として不動産金融という括りにはなりますが、一方でホテル業でもあると思っているので、そこは他のREITとは異なります。オペレーションに深く関わる必要があるという部分で、ホテルビジネスにも精通している必要がありますし、一方でREIT業界、金融マーケット、不動産にも精通していないといけない、守備範囲がかなり広くて大変ですけれど、成長できる土壌はたくさんあると思います。
新田さん:仕事で星野リゾートに泊まること(笑)。私服がOKで、会社の雰囲気がフランクです。

――御社でお仕事するときに、あったらよい能力は?ホテルの知識は必要?

新田さん:ホテル業界の知識よりも、興味関心があったら。
長井さん:これだけ担当レベルで任されるので、コミュニケ-ション能力。的確に情報を発信して受け取ってもらうことが必要だと思います。
的場さん:旅好きであること。自社物件のモニタリングをしつつ、地域の魅力や文化を見たり触れたりすることができたら幸せですよね。むしろそれを把握していないとIRで自社物件の魅力をしっかりお伝えできないですね。

1|2|3|4|5|6
  • PR

  • PR

物件取得価格ランキング
1 新宿マインズタワー 1,338億円
2 六本木ヒルズ森タワー 1,154億円
3 東京汐留ビルディング 1,100億円
4 汐留ビルディング 964億円
5 北の丸スクエア 816億円
株価値上り率ランキング
1 スターアジア +1.45%
2 シニアリビング +1.26%
3 インベスコ +1.02%
* 当サイトはJ-REIT(不動産投資信託)の情報提供を目的としており、投資勧誘を目的としておりません。
* 当サイトの情報には万全を期しておりますがその内容を保証するものではなくまた予告なしに内容が変わる(変更・削除)することがあります。
* 当サイトの情報については、利用者の責任の下に行うこととし、当社はこれに係わる一切の責任を負うものではありません。
* 当サイトに記載されている情報の著作権は当社に帰属します。当該情報の無断での使用(転用・複製等)を禁じます。