J-REIT銘柄情報

8964 フロンティア不動産投資法人

三井不動産をスポンサーとする商業施設特化型J-REIT。当初のスポンサーはJTだったが2008年2月に現スポンサーに変わった。中長期的に競争力を持つ「地域一番店」への投資を謳っており、2018年12月末時点ではポートフォリオの4割弱をリージョナル・ショッピングセンター(広域からの集客を念頭に置いた大型商業施設)が占めている。収益と分配金の安定を重視して長期固定賃料中心の運用を行っており、第29期(2018年12月期)は増益増配で4期連続の1口当たり分配金10,000円超を実現した。JCRから「AA」、R&Iから「AA-」という高格付をそれぞれ取得しており、第29期にはJ-REIT初となる長期投資法人債2本同時起債を行った(年限12年10億円と年限20年10億円)。日本銀行が投資口5%以上を保有している銘柄の一つ。旗艦物件は「イオンモールナゴヤドーム前」。<2019年1月31日時点>

投資口情報2020/02/26時点
投資口価格433,000円 (-7,500円)
時価総額224,727百万円
分配金利回り4.91% (+0.08)
出来高2,727口

(括弧内は前日比)

業績予想2020/02/14付「決算短信」
前期 当期 次期
期首 2019/07/01 2020/01/01 2020/07/01
期末 2019/12/31 2020/06/30 2020/12/31
営業収益 10,505百万円 10,688百万円 10,830百万円
当期利益 5,463百万円 5,504百万円 5,525百万円
1口分配金 10,526円 10,600円 10,640円
投資口価格・利回り・出来高の推移2020/02/26時点
取得物件のポートフォリオ構成2020/01/31時点
物件取得額合計 3,316億円
物件数 36棟
用途別取得額比率
地域別取得額比率

銘柄ニュース

2020/02/14
フロンティア不動産投資法人が第31期決算、TENJIN216等2物件取得を発表
2019/08/15
フロンティア不動産投資法人が第30期決算、投資口の追加発行、池袋グローブの追加取得を発表
2019/04/03
フロンティア不動産投資法人がパピヨンプラザの建物を一部売却
2019/03/18
フロンティア不動産投資法人が池袋グローブ等3物件を取得、三井ショッピングパークアルパークを売却
2019/02/15
フロンティア不動産投資法人が第29期決算を発表、1口当たり分配金は10,282円
銘柄ニュース一覧

銘柄リリース

2020/02/18    
資金の借入及び返済に関するお知らせ (148KB)
2020/02/14    
2019年12月期 決算短信(REIT) (494KB)
2020/02/14    
国内不動産の取得に関するお知らせ<TENJIN216 他 計2物件> (662KB)
2020/02/14    
規約一部変更及び役員選任に関するお知らせ (1,830KB)
2020/02/10    
コミットメントライン借入極度額の変更(増額)に関するお知らせ (145KB)
2020/01/30    
資金の借入及び返済に関するお知らせ (149KB)
2020/01/16    
資金の借入及び返済に関するお知らせ (149KB)
銘柄リリース一覧
JREIT一覧に戻る
* 当サイトはJ-REIT(不動産投資信託)の情報提供を目的としており、投資勧誘を目的としておりません。
* 当サイトの情報には万全を期しておりますがその内容を保証するものではなくまた予告なしに内容が変わる(変更・削除)することがあります。
* 当サイトの情報については、利用者の責任の下に行うこととし、当社はこれに係わる一切の責任を負うものではありません。
* 当サイトに記載されている情報の著作権は当社に帰属します。当該情報の無断での使用(転用・複製等)を禁じます。
J-REIT情報open
記事・ニュースopen
ETFopen