スマートフォン版を表示

日本都市ファンド投資法人 (8953)

J-REIT銘柄情報

8953 日本都市ファンド投資法人

日本都市ファンド投資法人が第38期決算を発表、1口当たり実績分配金は4,500円

(2021/04/16)

日本都市ファンド投資法人が、第38期(2021年2月期)決算を発表した。 第38期は、「イオンモール大和」の一部を売却。コロナ禍を要因とする賃料減額が前期の1,038百万円から当期は169百万円に大幅減少したが、物件売却益の減少等により、前期比1.8%減益。一時差異等調整積立金より133百万円を取り崩す一方、318百万円を内部留保とし、1口当たり分配金は4,500円と前期と同額となった。 期末のポートフォリオは102物件、資産規模(取得額合計)は8,804億円、有利子負債比率は45.6%。 第39期(2021年8月期)は、MCUBS MidCity投資法人と合併し、25物件及び匿名組合出資持分1件を承継。更に「JMFビル市ヶ谷01」等2物件を取得する一方、「イオン高槻」等2物件を売却する。合併報酬等1,372百万円が発生する一方、賃貸収益の増加、物件売却益2,101百万円により前期比26.7%増益を見込む。内部留保より905百万円を取崩し、投資口2分割により、1口当たり分配金は2,286円(分割前換算4,572円)となる見通し。 なお、合併前の時点では負ののれんの発生を想定していたが、その後投資口価格が上昇したため、160億円の正ののれんが発生することとなった。これにより第39期以降毎期402百万円ののれん償却費が発生する見込み。税会不一致が生じるが、一時差異等調整積立金の取崩しや利益超過分配によって課税を回避する。 第40期(2022年2月期)は、前期の物件売却益がなくなるため、前期予想比3.9%減益を見込む。内部留保より1,239百万円を取崩し、1口当たり分配金は2,250円となる見通し。 合併により総合型REITとなったことから、今後3~5年後を目処に2,000億円の物件入替えを行い、商業施設の投資比率を現在の71%から50%程度に引き下げるとともに、償却後NOIの向上を目指す意向。複合型資産や、住宅特化型私募REITの投資口、メザニンローン債券投資等、新たな取得手法も検討する。

           
  第38期実績 第39期予想 前期比 第40期予想 前期比
営業収益 30,518百万円 40,510百万円 32.7% 38,385百万円 ▲5.2%
当期利益 11,896百万円 15,071百万円 26.7% 14,485百万円 ▲3.9%
分配金総額 11,711百万円 15,977百万円 36.4% 15,725百万円 ▲1.6%
1口当たり分配金 4,500円 2,286円 - 2,250円 ▲1.6%
    ※第39期より投資口2分割    

日本都市ファンド投資法人の記事を最新5件
2021/04/28
日本都市ファンド投資法人が私募REITの投資口を取得
2021/04/14
日本都市ファンド投資法人が市ヶ谷のオフィスビル、大阪・心斎橋の商業施設を取得
2021/03/09
日本都市ファンド投資法人がイオン高槻を売却
2020/12/16
日本リテールファンド投資法人がイオンモール大和を売却
2020/10/16
日本リテールファンド投資法人が第37期決算を発表、1口当たり実績分配金は4,500円
  • PR

  • PR

決算発表動画
物件取得価格ランキング
1 新宿三井ビルディング 1,700億円
2 六本木ヒルズ森タワー 1,154億円
3 東京汐留ビルディング 1,100億円
4 汐留ビルディング 1,069億円
5 北の丸スクエア 816億円
株価値上り率ランキング
1 野村不動産マスター +3.81%
2 グローバル・ワン +3.77%
3 エスコンジャパン +3.61%
* 当サイトはJ-REIT(不動産投資信託)の情報提供を目的としており、投資勧誘を目的としておりません。
* 当サイトの情報には万全を期しておりますがその内容を保証するものではなくまた予告なしに内容が変わる(変更・削除)することがあります。
* 当サイトの情報については、利用者の責任の下に行うこととし、当社はこれに係わる一切の責任を負うものではありません。
* 当サイトに記載されている情報の著作権は当社に帰属します。当該情報の無断での使用(転用・複製等)を禁じます。