J-REIT銘柄情報

8957 東急リアル・エステート投資法人

東急電鉄をスポンサーとする複合型J-REIT。投資対象はオフィス、商業施設、住宅、及びいずれかを含む複合施設。都心5区及び東急線沿線へ重点投資する。また不動産価格の長期的な循環性を活用し、バリュー投資及び逆張り投資による物件入替えを行う投資戦略。2021年1月時点の資産規模は2,426億円。ポートフォリオ比率は、約65%をオフィス、約30%を商業施設が占め、残り約5%が住宅と底地の構成。渋谷区の投資比率が37%と大きい点が特徴。2014年以降増資を行っておらず、過度な外部成長を追わない極めて保守的な運用方針。コロナ禍の影響や東急虎ノ門ビルの増築工事による一時的な減益となる2022年7月期までは、分配金の下限を3,360円に設定。JCRから「AA-」という高格付を取得。旗艦物件は渋谷の商業施設「cocoti」(取得額245億円)。<2021年1月末時点>

投資口情報2022/05/24時点
投資口価格186,100円 (-1,400円)
時価総額181,931.36百万円
分配金利回り3.82% (+0.03)
出来高1,280口

(括弧内は前日比)

業績予想2022/03/17付「決算短信」
前期 当期 次期
期首 2021/08/01 2022/02/01 2022/08/01
期末 2022/01/31 2022/07/31 2023/01/31
営業収益 11,642百万円 8,512百万円 6,610百万円
当期利益 7,071百万円 4,248百万円 2,582百万円
1口分配金 3,950円 3,910円 3,200円
投資口価格・利回り・出来高の推移2022/05/24時点
取得物件のポートフォリオ構成2022/04/30時点
物件取得額合計 2,308億円
物件数 31棟
用途別取得額比率
地域別取得額比率

銘柄ニュース

2022/03/17
東急リアル・エステート投資法人が第37期決算、目黒東山ビル取得を発表
2021/11/22
東急リアル・エステート投資法人が青山オーバルビルを取得、世田谷ビジネススクエアを売却、業績予想を修正
2021/10/29
東急リアル・エステート投資法人が赤坂四丁目ビルを売却、業績予想を修正
2021/09/10
東急リアル・エステート投資法人が第36期決算を発表、1口当たり実績分配金は3,621円
2021/07/30
東急リアル・エステート投資法人が代官山フォーラムを売却、業績予想を修正
銘柄ニュース一覧

銘柄リリース

2022/05/23    
長期借入金の借入れ及び返済に関するお知らせ (KB)
2022/04/22    
不動産投資信託証券に関する発行者等の運用体制に関する報告書 2022/04/22 (KB)
2022/04/22    
コミットメントライン契約の変更に関するお知らせ (KB)
2022/03/31    
運用資産のテナントの異動に関するお知らせ (KB)
2022/03/29    
資産運用会社における監査役及び重要な使用人の異動に関するお知らせ (KB)
2022/03/22    
短期借入金の借入れ(金利決定)に関するお知らせ (KB)
2022/03/17    
2022年1月期(第37期)決算概要資料 (KB)
2022/03/17    
国内不動産の取得(目黒東山ビル)に関するお知らせ (KB)
2022/03/17    
短期借入金の借入れに関するお知らせ (KB)
2022/03/17    
2022年1月期 決算短信(REIT) (KB)
2022/02/22    
長期借入金の借入れ及び返済に関するお知らせ (KB)
2022/01/27    
長期借入金の借入れ及び返済に関するお知らせ (KB)
銘柄リリース一覧
JREIT一覧に戻る
* 当サイトはJ-REIT(不動産投資信託)の情報提供を目的としており、投資勧誘を目的としておりません。
* 当サイトの情報には万全を期しておりますがその内容を保証するものではなくまた予告なしに内容が変わる(変更・削除)することがあります。
* 当サイトの情報については、利用者の責任の下に行うこととし、当社はこれに係わる一切の責任を負うものではありません。
* 当サイトに記載されている情報の著作権は当社に帰属します。当該情報の無断での使用(転用・複製等)を禁じます。
J-REIT情報open
記事・ニュースopen
ETFopen