2008年04月04日

新年度の動き/REITアナリスト 山崎成人


 4月から新年度になってJREITの株価も若干回復の兆しを見せていますが、未だ力強さは見られません。また、株価が回復しているのは中・高位銘柄中心で、下位銘柄柄は依然として厳しいレベルに留まっています。
このような株価の動きを見ていると、保守的な投資家層が買い進んでいるものと考えられますので、地銀等の金融機関が新年度になって投資を開始したものではないかと推測されます。
但し、地銀の動きがこの先も持続するという可能性は期待出来ませんで、JREITの株価回復には別のエンジンが必要となります。
海外投資家は、世界の投資市場での信用収縮の影響が残りますので、今後も一方的に買い進むことはなさそうですから、やはり本命は国内個人投資家です。
証券会社も個人投資家への普及啓蒙活動を始めたようですが、元々、JREITは証券会社の勧誘で投資するのではなく、自らの情報収集と判断で指名買いをするような投資家向きの商品ですから、証券会社のチャンネルだけに頼っていては何時になっても「個人向けの新たな不動産投資商品」という創設時の原点を実現出来ません。
JREITは、既に誕生から7年を経ていますが、この7年間を振り返ってみても「個人投資家向不動産投資商品」という原点を追求してきた銘柄は一つもありません。
上場歴の古い高株価銘柄の中には、大口投資家重視を公言する銘柄もあるようですし、個人投資家の保有比率にもあまり関心を持たない銘柄もあります。
一方、一部の古参銘柄では以前から問題意識を持っている所もありますので、それらが手を組んで個人投資家への普及啓蒙活動に積極的に乗り出す方法も有効です。
それぞれの銘柄には思惑の違いもあるでしょうが、小異を捨ててこの機会に協力して活動を開始するという方向に動いて欲しいと思います。
私も、何とか今年度中に新たな動きが始められるようになればと願っていますし、又、この動きこそがJREITを本来の位置に戻す、最も確実で有効な方法でもあると信じています。

マーケットコラム バックナンバー
2022/06/23
カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人の合併提案について/アイビー総研 関 大介 【関 大介】  
2022/06/10
日本再生可能エネルギーインフラ投資法人へのTOBについて(2)/アイビー総研 関 大介 【関 大介】  
2022/05/27
日本再生可能エネルギーインフラ投資法人へのTOBについて/アイビー総研 関 大介 【関 大介】
2022/05/13
円安がJ-REITにもたらす影響/アイビー総研 関 大介 【関 大介】
2022/04/29
インフレとなった場合のJ-REITへの影響/アイビー総研 関 大介 【関 大介】
バックナンバーをもっと見る
* 当サイトはJ-REIT(不動産投資信託)の情報提供を目的としており、投資勧誘を目的としておりません。
* 当サイトの情報には万全を期しておりますがその内容を保証するものではなくまた予告なしに内容が変わる(変更・削除)することがあります。
* 当サイトの情報については、利用者の責任の下に行うこととし、当社はこれに係わる一切の責任を負うものではありません。
* 当サイトに記載されている情報の著作権は当社に帰属します。当該情報の無断での使用(転用・複製等)を禁じます。
J-REIT情報open
記事・ニュースopen
ETFopen