J-REIT銘柄情報

2972 サンケイリアルエステート投資法人

サンケイリアルエステート投資法人が第8期決算を発表、1口当たり実績分配金は2,305円

(2023/04/14)

サンケイリアルエステート投資法人が、第8期(2023年2月期)決算を発表した。 第8期における物件取得はなし。ポートフォリオ全体の期末稼働率は93.4%と前期より0.8ポイント低下。これに伴う賃貸収入の減少、前期に計上した解約違約金収入の減少、修繕費の増加等により、前期比27%減益となり、1口当たり分配金は2,305円となった。 期末のポートフォリオは14物件、資産規模(取得額合計)は966億円、有利子負債比率は47.4%。 第9期(2023年8月期)は、「S-GATE赤坂」の20%持分と「SANKEILOGI摂津」を取得。品川シーサイドTSタワーの主要テナントであるソニーグループが3月末に14フロアを追加解約するため、ポートフォリオ全体の期末稼働率は88.9%(期中平均稼働率は88.1%)を想定する。これにより賃貸収入は減少するが、物件売却益263百万円(現時点で未契約)を織り込み、前期比3.2%増益を見込む。1口当たり分配金は2,377円となる見通し。期末の有利子負債比率は50.6%を想定。 第10期(2024年2月期)は、ポートフォリオ全体の期末稼働率は95.3%(期中平均稼働率は92.2%)と前期より大きく改善する想定。物件売却益359百万円(現時点で未契約)の計上を想定するが、前期の品川シーサイドTSタワーの明け渡し遅延に伴う損害金収入がなくなるため、前期予想比13.8%減益を見込み、1口当たり分配金は2,050円となる見通し。期末の有利子負債比率は50.3%を想定。 なお、物件売却益は品川シーサイドTSタワーの稼働状況によって変動する可能性がある。 また第9期決算を発表する10月までに、スポンサーであるサンケイビルとの協業を含む今後の成長戦略を公表する予定。

                                                                        
  第8期実績 第9期予想 前期比 第10期予想 前期比
営業収益 2,891百万円 2,849百万円 ▲1.5% 2,799百万円 ▲1.8%
当期利益 1,076百万円 1,110百万円 3.2% 957百万円 ▲13.8%
1口当たり分配金 2,305円 2,377円 3.1% 2,050円 ▲13.8%

サンケイリアルエステート投資法人の記事を最新5件
2024/01/30
サンケイリアルエステート投資法人が物件入替え、ポートフォリオを再構築
2023/10/16
サンケイリアルエステート投資法人が第9期決算を発表、物件入替えの優先交渉権を取得、総合型REITへ転換
2023/08/29
サンケイリアルエステート投資法人がブリーゼタワーの一部を売却
2023/03/20
サンケイリアルエステート投資法人がS-GATE赤坂とSANKEILOGI摂津を取得
2022/10/14
サンケイリアルエステート投資法人が第7期決算を発表、1口当たり実績分配金は3,158円
JREIT一覧に戻る
* 当サイトはJ-REIT(不動産投資信託)の情報提供を目的としており、投資勧誘を目的としておりません。
* 当サイトの情報には万全を期しておりますがその内容を保証するものではなくまた予告なしに内容が変わる(変更・削除)することがあります。
* 当サイトの情報については、利用者の責任の下に行うこととし、当社はこれに係わる一切の責任を負うものではありません。
* 当サイトに記載されている情報の著作権は当社に帰属します。当該情報の無断での使用(転用・複製等)を禁じます。
J-REIT情報open
記事・ニュースopen
ETFopen