J-REIT銘柄情報

3234 森ヒルズリート投資法人

森ヒルズリート投資法人が第31期決算、ラフォーレ原宿(底地)一部売却を発表

(2022/03/17)

森ヒルズリート投資法人が、第31期(2022年1月期)決算を発表した。 第31期は、「虎ノ門ヒルズ森タワー」持分を追加取得した。オフィスの平均稼働率は98.0%と前期より0.9ポイント低下。新規物件の収益が寄与するも、六本木ヒルズ森タワーのマスターリース賃料の減額、稼働率低下による減収により、前期比1.2%減益。内部留保より95百万円を取崩し、1口当たり分配金は2,927円と前期比0.5%増となった。 期末のポートフォリオは11物件、資産規模(取得額合計)は4,107億円、有利子負債比率は46.8%。 併せて「ラフォーレ原宿」の底地の一部(準共有持分14%)をスポンサーである森ビルに売却することを発表した。売却額は57.96億円。2期に分割して売却する。本物件は2030年9月を契約期限とする事業用定期借地権が設定されており、契約満了後は更地返還される。将来的に売却の必要性があることや含み益の確保を目的に、引き続き分割して売却する予定。 第32期(2022年7月期)は、オフィスの平均稼働率は98.1%と前期より0.1ポイント上昇する予定。資産運用報酬が増加するが、ラフォーレ原宿(底地)の売却益1,347百万円が寄与し、前期比16.9%増益を見込む。売却益のうち638百万円を内部留保とし、1口当たり分配金は3,030円となる見通し。 第33期(2023年1月期)も、オフィスの平均稼働率98.1%を想定する。売却益1,345百万円を計上するが、売却した部分の賃貸収入の減少や固都税の増加により、前期予想比1.2%減益を見込む。540百万円を内部留保とし、1口当たり分配金は3,040円となる見通し。

           
  第31期実績 第32期予想 前期比 第33期予想 前期比
営業収益 9,820百万円 11,178百万円 13.8% 11,136百万円 ▲0.4%
当期利益 5,513百万円 6,447百万円 16.9% 6,366百万円 ▲1.3%
分配金総額 5,609百万円 5,806百万円 3.5% 5,825百万円 0.3%
1口当たり分配金 2,927円 3,030円 3.5% 3,040円 0.3%
<売却>          
物件名称 ラフォーレ原宿(底地一部、準共有持分14%)    
所在地 東京都渋谷区神宮前    
売却額 5,796百万円    
簿価(売却時想定) 3,090百万円    
差額(売却額-簿価) 2,706百万円    
売却日 2022年7月1日、2022年12月1日    
売却先 森ビル(株)    

森ヒルズリート投資法人の記事を最新5件
2021/09/14
森ヒルズリート投資法人が第30期決算を発表、1口当たり実績分配金は2,913円
2021/03/17
森ヒルズリート投資法人が第29期決算を発表、1口当たり実績分配金(利益超過分配金含む)は2,909円
2021/02/19
森ヒルズリート投資法人が虎ノ門ヒルズ森タワーを追加取得、六本木ヒルズ森タワーのマスターリース賃料を減額、第31期業績予想を発表
2020/09/14
森ヒルズリート投資法人が第28期決算を発表、1口当たり実績分配金は2,898円
2020/08/17
森ヒルズリート投資法人が投資口追加発行、虎ノ門ヒルズ森タワーを追加取得
JREIT一覧に戻る
* 当サイトはJ-REIT(不動産投資信託)の情報提供を目的としており、投資勧誘を目的としておりません。
* 当サイトの情報には万全を期しておりますがその内容を保証するものではなくまた予告なしに内容が変わる(変更・削除)することがあります。
* 当サイトの情報については、利用者の責任の下に行うこととし、当社はこれに係わる一切の責任を負うものではありません。
* 当サイトに記載されている情報の著作権は当社に帰属します。当該情報の無断での使用(転用・複製等)を禁じます。
J-REIT情報open
記事・ニュースopen
ETFopen