J-REIT銘柄情報

3476 投資法人みらい

投資法人みらいが第8期決算を発表、1口当たり実績分配金は1,561円

(2020/06/15)

投資法人みらいが、第8期(2020年4月期)決算を発表した。 第8期は、投資口の追加発行を行い「マイスクエアビル」等5物件を取得、「MIUMIU神戸」「六甲アイランドDC」それぞれ一部を売却した。 新型コロナウイルスの影響により、ホテル3物件の変動賃料が減少となる一方、新規物件の賃貸収益及び物件売却益の増加により、前期比4.9%増益。投資口数が5.1%増加するも、1口当たり分配金は1,561円と前期と同水準となった。 期末のポートフォリオは34物件、資産規模(取得額合計)は1,534億円、有利子負債比率は48.3%。 新型コロナウイルスの影響として、一時休業した商業施設及びホテルのテナントを中心に48件の賃料減額要請を受ける。テナントの状況に応じて、敷金充当、支払猶予、減額等の対応を行う方針。 第9期(2020年10月期)は「MIUMIU神戸」の残り持分を売却する。前期に取得した物件が通期寄与するが、ホテルの変動賃料が発生しないことを前提に237百万円の減収を想定し、前期比11.6%減益を見込み、1口当たり分配金は1,380円となる見通し。 第10期(2021年4月期)は、引き続きホテルの変動賃料を見込まず、193百万円の減収を想定する。前期の物件売却益の反動減により、前期予想比16.7%減益を見込み、1口当たり分配金は1,150円となる見通し。 なお、従来より掲げている中期経営計画を一旦中断し、新型コロナウイルスの影響から生じた3つ課題を「みらいリバイバルプラン」と掲げ、2021年中盤までの重点的な施策とする。①ホテルWBF淀屋橋南は、ホテル運営会社が民事再生を申請したため、サービスオフィスへ用途変更。②奈良の商業施設「ミ・ナーラ」はリニューアル後の売上げが苦戦しているため、テナント入替えや運営体制の変更等、再リニューアルを検討。③景気変動の影響を受けにくい地域密着型商業施設、物流施設、底地等へ物件入替えでポートフォリオ再構築を目指す。本施策を実施しホテルの変動賃料が回復した場合の1口当たり巡航分配金は1,300円台中盤に改善する見込み。

           
  第8期実績 第9期予想 前期比 第10期予想 前期比
営業収益 5,448百万円 5,364百万円 ▲1.5% 4,843百万円 ▲9.7%
当期利益 2,594百万円 2,294百万円 ▲11.6% 1,911百万円 ▲16.7%
1口当たり分配金 1,561円 1,380円 ▲11.6% 1,150円 ▲16.7%

投資法人みらいの記事を最新5件
2020/04/21
投資法人みらいが六甲アイランドDCを一部売却、業績予想を下方修正
2020/03/27
投資法人みらいが広島のオフィスビル、仙台の商業施設を取得
2019/12/10
投資法人みらいが第7期決算、投資口追加発行、3物件取得を発表
2019/08/05
投資法人みらいとさくら総合リート投資法人が合併契約を締結
2019/07/19
投資法人みらいとさくら総合リート投資法人が合併の基本合意を発表
JREIT一覧に戻る
* 当サイトはJ-REIT(不動産投資信託)の情報提供を目的としており、投資勧誘を目的としておりません。
* 当サイトの情報には万全を期しておりますがその内容を保証するものではなくまた予告なしに内容が変わる(変更・削除)することがあります。
* 当サイトの情報については、利用者の責任の下に行うこととし、当社はこれに係わる一切の責任を負うものではありません。
* 当サイトに記載されている情報の著作権は当社に帰属します。当該情報の無断での使用(転用・複製等)を禁じます。
J-REIT情報open
記事・ニュースopen
ETFopen