J-REIT銘柄情報

8963 インヴィンシブル投資法人

外資系運用会社フォートレス・インベストメント・グループ(FIG)をメイン・スポンサー、情報大手ソフトバンクをサブ・スポンサーとするJ-REIT(なおFIGはソフトバンクの傘下企業)。当初東京グロースリート投資法人として発足し、2010年2月の合併でエルピーシー投資法人を吸収して現在の名称に改めた。ポートフォリオのタイプは総合型で、現在はホテルが約74%、住居が約25%、残りが商業施設という構成。格付けについてはJCRから「A」を取得。第31期(2018年12月期)は、ホテルの新規取得に加え、天災の影響が軽微だったことから変動賃料が増加、また内部留保の取崩しによって、増益増配となった。今後についてはFIGは総額3,000億円~4,000億円を投じた国内不動産への投資・再生計画を表明しており、INVのパイプライン増強に繋がることが期待される。一方で最終的なスポンサーであるソフトバンクは今後のREITへのサポートは未知数。旗艦物件としてSPC経由で英領ケイマンのホテル2件を保有しているが、税制改正に伴い導管性要件に抵触するため、2019年6月までにSPC経由の間接保有から直接保有にスキーム変更する予定。<2019年3月31日時点>

投資口情報2020/02/17時点
投資口価格52,600円 (-1,800円)
時価総額320,693.784百万円
分配金利回り6.58% (+0.22)
出来高37,585口

(括弧内は前日比)

業績予想2019/12/17付「業績予想」
前期 当期 次期
期首 2019/07/01 2020/01/01 2020/07/01
期末 2019/12/31 2020/06/30 2020/12/31
営業収益 18,753百万円 18,510百万円 17,441百万円
当期利益 11,685百万円 11,258百万円 10,047百万円
1口分配金 1,725円 1,812円 1,647円
投資口価格・利回り・出来高の推移2020/02/17時点
取得物件のポートフォリオ構成2020/01/31時点
物件取得額合計 5,117億円
物件数 147棟
用途別取得額比率
地域別取得額比率

銘柄ニュース

2019/12/17
インヴィンシブル投資法人が第34期及び第35期業績予想を発表
2019/12/09
インヴィンシブル投資法人がホテル2物件取得、レジデンス2物件売却、業績予想を修正
2019/08/22
インヴィンシブル投資法人が第32期決算を発表、1口当たり実績分配金は1,656円
2019/07/01
インヴィンシブル投資法人が投資口追加発行、ホテルマイステイズ札幌アスペン等ホテル18物件を取得、資産規模5,000億円へ
2019/05/28
インヴィンシブル投資法人がロイヤルパークスタワー南千住を売却、業績予想を修正
銘柄ニュース一覧

銘柄リリース

2020/02/04    
格付の変更に関するお知らせ (115KB)
2020/01/24    
ポートフォリオの運用実績(2019年12月)に関するお知らせ (376KB)
2020/01/21    
規約 2019/12/18 (390KB)
銘柄リリース一覧
JREIT一覧に戻る
* 当サイトはJ-REIT(不動産投資信託)の情報提供を目的としており、投資勧誘を目的としておりません。
* 当サイトの情報には万全を期しておりますがその内容を保証するものではなくまた予告なしに内容が変わる(変更・削除)することがあります。
* 当サイトの情報については、利用者の責任の下に行うこととし、当社はこれに係わる一切の責任を負うものではありません。
* 当サイトに記載されている情報の著作権は当社に帰属します。当該情報の無断での使用(転用・複製等)を禁じます。
J-REIT情報open
記事・ニュースopen
ETFopen