J-REIT銘柄情報

8967 日本ロジスティクスファンド投資法人

日本ロジスティクスファンド投資法人が第29期決算、物流施設2物件売却を発表

(2020/03/13)

日本ロジスティクスファンド投資法人が、第29期(2020年1月期)決算を発表した。 第29期は「藤沢物流センター」「八千代物流センターⅢ」を取得。これによる賃貸収益の増加、既存物件のテナント入居等が寄与し、前期比7.1%増益。1口当たり分配金は5,034円となった。 期末のポートフォリオは50物件、資産規模(取得額合計)は2,782億円、有利子負債比率は45.4%。 併せて「多治見物流センター」「八千代物流センターⅢ」を売却することを発表した。2物件の売却額は計176億円。2物件ともに将来的な収益低下リスク、近隣マーケットに対する競争力低下リスクを懸念する一方、売却益を獲得できることから売却を決定した。 第30期(2020年7月期)は、前倒しで修繕工事を行い修繕費が増加する一方、2物件の売却益57.76億円が寄与し、前期比115%増益を見込む。売却益のうち980百万円を内部留保とし、1口当たり分配金は9,750円と前期比93.7%増となる見通し。物件売却代金を借入金の返済に充当し、有利子負債比率は43.2%を見込む。 第31期(2021年1月期)は、第30期の売却益がなくなるため、前期予想比58%減益を見込む。内部留保より240百万円を取崩し、1口当たり分配金は4,800円となる見通し。 引き続き、中期目標である1口当たり分配金5,000円を目指す。

           
  第29期実績 第30期予想 前期比 第31期予想 前期比  
営業収益 9,682百万円 15,075百万円 55.7% 8,904百万円 ▲40.9%  
当期利益 4,555百万円 9,805百万円 115.3% 4,110百万円 ▲58.1%  
分配金総額 4,556百万円 8,825百万円 93.7% 4,350百万円 ▲50.7%  
1口当たり分配金 5,034円 9,750円 93.7% 4,800円 ▲50.8%  
<売却>            
物件名称 所在地 売却額 簿価 差額
(売却額-簿価)
売却先
多治見物流センター 岐阜県多治見市 13,900百万円 8,344百万円 5,556百万円 多治見特定目的会社
八千代物流センターⅢ 千葉県八千代市 3,700百万円 3,325百万円 375百万円 八千代東特定目的会社
合計 17,600百万円 11,669百万円 5,931百万円  

日本ロジスティクスファンド投資法人の記事を最新5件
2020/09/14
日本ロジスティクスファンド投資法人が第30期決算、浦安物流センターの再開発を発表
2019/09/12
日本ロジスティクスファンド投資法人が第28期決算を発表、1口当たり実績分配金は4,700円
2019/03/12
日本ロジスティクスファンド投資法人が第27期決算を発表、1口当たり実績分配金は4,710円
2019/03/01
日本ロジスティクスファンド投資法人が市川物流センターⅢを取得
2018/12/14
日本ロジスティクスファンド投資法人が大阪西淀川物流センターを取得
JREIT一覧に戻る
* 当サイトはJ-REIT(不動産投資信託)の情報提供を目的としており、投資勧誘を目的としておりません。
* 当サイトの情報には万全を期しておりますがその内容を保証するものではなくまた予告なしに内容が変わる(変更・削除)することがあります。
* 当サイトの情報については、利用者の責任の下に行うこととし、当社はこれに係わる一切の責任を負うものではありません。
* 当サイトに記載されている情報の著作権は当社に帰属します。当該情報の無断での使用(転用・複製等)を禁じます。
J-REIT情報open
記事・ニュースopen
ETFopen