J-REIT銘柄情報

8977 阪急阪神リート投資法人

阪急阪神リート投資法人が第30期決算を発表、1口当たり実績分配金は3,039円

(2020/07/16)

阪急阪神リート投資法人が、第30期(2020年5月期)決算を発表した。 第30期は「芝浦ルネサイトタワー」等3物件を取得する一方、「コーナン広島中野東店」の底地等2物件を売却。コロナ禍を起因とする都市型商業施設及びホテルの休業により100百万円の減収、またコーナン広島中野東店の売却損400百万円が発生する一方、「ホテルグレイスリー田町」の物件売却益668百万円が寄与し、前期比5.7%増益。物件売却益のうち221百万円を内部留保とし、1口当たり分配金は3,039円と前期比4.3%減となった。 期末のポートフォリオは32物件、資産規模(取得額合計)は1,698億円、有利子負債比率は44.1%。 第31期(2020年11月期)は、「高槻城西ショッピングセンター」の敷地一部を追加取得する一方、「ホテルグレイスリー田町」の残持分を売却する。引き続きコロナ禍の影響で、賃料減額や空室期間を考慮し、168百万円の減収を想定する。また物件売却益の減少により、前期比10.6%減益を見込む。ホテルグレイスリー田町の売却益75百万円のうち57百万円を内部留保とし、1口当たり分配金は2,920円と前期比3.9%減となる見通し。 第32期(2021年5月期)は、前期の物件売却益がなくなるため、前期比2%減益を見込むが、内部留保を行わず、1口当たり分配金は2,940円と前期予想比0.7%増となる見通し。

                                                                        
  第30期実績 第31期予想 前期比 第32期予想 前期比
営業収益 6,460百万円 5,966百万円 ▲7.6% 5,874百万円 ▲1.5%
当期利益 2,333百万円 2,086百万円 ▲10.6% 2,044百万円 ▲2.0%
分配金総額 2,112百万円 2,029百万円 ▲3.9% 2,043百万円 0.7%
1口当たり分配金 3,039円 2,920円 ▲3.9% 2,940円 0.7%

阪急阪神リート投資法人の記事を最新5件
2022/01/21
阪急阪神リート投資法人が第33期決算を発表、1口当たり実績分配金は2,909円
2021/12/24
阪急阪神リート投資法人がコープこうべ協同購入センター西宮の敷地を取得
2021/10/18
阪急阪神リート投資法人が物件入替え、H-CUBE MINAMIAOYAMAを取得、スフィアタワー天王洲を売却
2021/07/16
阪急阪神リート投資法人が第32期決算を発表、1口当たり実績分配金は3,008円
2021/01/21
阪急阪神リート投資法人が第31期決算を発表、1口当たり実績分配金は3,009円
JREIT一覧に戻る
* 当サイトはJ-REIT(不動産投資信託)の情報提供を目的としており、投資勧誘を目的としておりません。
* 当サイトの情報には万全を期しておりますがその内容を保証するものではなくまた予告なしに内容が変わる(変更・削除)することがあります。
* 当サイトの情報については、利用者の責任の下に行うこととし、当社はこれに係わる一切の責任を負うものではありません。
* 当サイトに記載されている情報の著作権は当社に帰属します。当該情報の無断での使用(転用・複製等)を禁じます。
J-REIT情報open
記事・ニュースopen
ETFopen