スマートフォン版を表示

2018年08月06日

伊藤忠系物流J-REITが上場承認される

7月30日週のニュース概観

(写真/iStock)

概況

8月1日、伊藤忠商事株式会社(以下、伊藤忠)をスポンサーとする物流系J-REIT「伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人」の上場が東証から承認された。
上場予定日は2018年9月7日。
当該投資法人が提出した有価証券届出書によると、上場時のポートフォリオは物流施設7物件、取得価格合計約538億円という規模になる見通し。上場後は「物流施設が8割以上、その他不動産が2割以下」というポートフォリオ構築方針で成長を目指していくという。
スポンサーである伊藤忠商事は、当該投資法人の投資口5%程度を取得するセイムボート出資を行ってより緊密な協力体制を投資家にアピールする。
なお伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人の資産運用会社は伊藤忠リート・マネジメント株式会社となる。伊藤忠商事がスポンサーを務めるJ-REITとしては既にアドバンス・レジデンス投資法人があるが、そちらの資産運用会社はADインベストメント・マネジメント株式会社であり、REITごとに担当する資産運用会社を分けた形となる。
物流施設は2018年から2019年にかけて大量供給が予定されているものの、需要の強さに支えられて賃料、空室率ともに堅調な展開が続くと見られている。その中で上場後の伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人がどのような外部成長を遂げていくか、注目される。

8月2日、小売り大手の合同会社西友が大和ハウス工業株式会社(以下、それぞれ西友、大和ハウス工業)に商業施設「ザ・モール春日井Part1」を売却すると発表した。
当該商業施設の売買契約は7月27日付で締結済みということだが、具体的な売却額や物件引渡日は非公開。
今後の「ザ・モール春日井Part1」の去就だが、大和ハウス工業が新規商業施設へと建替え、そこに西友がテナントとして出店する案が検討されているという。
日本市場への参入を狙う米企業ウォルマートによって買収された西友だが、業績は伸び悩み、7月にはマスコミ各社からウォルマートが西友売却に向けて動いていることが報じられた。小売り再編という面から注目される西友のこれからだが、同社の保有する不動産がどうなるかという点も興味深い。

物件動向

7月30日週の物件動向だが、特に目立つものはなかった。

  • PR

  • PR

決算発表動画
物件取得価格ランキング
1 六本木ヒルズ森タワー 1,154億円
2 東京汐留ビルディング 1,100億円
3 汐留ビルディング 1,069億円
4 北の丸スクエア 816億円
5 汐留ビルディング 716億円
株価値上り率ランキング
1 平和不動産リート +1.57%
2 ジャパンリアル +1.38%
3 プレミア +1.25%
* 当サイトはJ-REIT(不動産投資信託)の情報提供を目的としており、投資勧誘を目的としておりません。
* 当サイトの情報には万全を期しておりますがその内容を保証するものではなくまた予告なしに内容が変わる(変更・削除)することがあります。
* 当サイトの情報については、利用者の責任の下に行うこととし、当社はこれに係わる一切の責任を負うものではありません。
* 当サイトに記載されている情報の著作権は当社に帰属します。当該情報の無断での使用(転用・複製等)を禁じます。