このページは各銘柄の最新情報が表示されております。

オリックス不動産投資法人 (8954)

J-REIT銘柄情報

8954 オリックス不動産投資法人

オリックス・グループをスポンサーとする総合型J-REIT。上場が2002年という古参銘柄の一つ。2013年~2017年まで9期連続増資を行い外部成長を加速、資産規模は3,558億円(2013/2期)から6,689億円(2018/8期)に急拡大した。2019年以降は増資を行っておらず、物件入替えに注力する。オフィスが56%と過半を占め、商業施設、ホテル、住宅、物流施設へ分散投資する。JCRから「AA」、R&Iから「AA-」という高格付を取得。旗艦物件は、USJのオフィシャルホテルである「ホテルユニバーサルポート」。<2024年1月時点>

投資口情報2024/06/17時点
投資口価格157,600円 (-500円)
時価総額434,976百万円
分配金利回り4.75% (+0.02)
出来高4,971口
(括弧内は前日比)
ランキング2024/06/17時点
分配金利回り 40位
NAV倍率 11位
NOI利回り 22位
有利子負債比率 16位
時価総額(百万円) 12位

業績予想2024/04/19付「決算短信」
前期 当期 次期
期首 2023/09/01 2024/03/01 2024/09/01
期末 2024/02/29 2024/08/31 2025/02/28
営業収益 28,804百万円 25,831百万円 25,199百万円
当期利益 11,539百万円 10,753百万円 10,294百万円
1口分配金 3,902円 3,720円 3,760円
投資口価格・利回り・出来高の推移2024/06/17時点
取得物件のポートフォリオ構成2024/05/31時点
物件取得額合計 7,232億円
物件数 116棟
用途別取得額比率 地域別取得額比率
銘柄リリース
2024/06/14    
資金の借入に関するお知らせ 
2024/05/31    
資産運用会社における執行役員の選任に関するお知らせ 
2024/05/24    
(訂正)「2024 年2 月期 決算短信(REIT)」の一部訂正のお知らせ 
2024/05/24    
不動産投資信託証券に関する発行者等の運用体制に関する報告書 2024/05/24 
2024/04/19    
2024年2月期 決算短信(REIT) 
2024/04/19    
2024年2月期の運用状況及び分配予想と決算値との差異並びに2024年8月期の運用状況及び分配予想の修正に関するお知らせ 
2024/04/05    
不動産レジリエンス認証 ResReal(水害版)の取得に関するお知らせ 
2024/03/29    
資産運用会社における取締役の退任及び選任並びに執行役員の選任、取締役の兼職に関するお知らせ 
2024/03/29    
資産の取得(クロスレジデンス阿波座、クロスレジデンス神戸元町、クロスレジデンス清澄白河)及び資産の譲渡(ラウンドクロス赤坂)に関するお知らせ 
2024/03/29    
環境マネジメントシステム「エコアクション21」認証・登録に関するお知らせ 
2024/03/18    
資金の借入(金利決定)に関するお知らせ 
2024/03/15    
資金の借入に関するお知らせ 
2024/03/13    
借入金の期限前弁済に関するお知らせ 
2024/02/29    
資産運用会社における取締役の兼職の終了に関するお知らせ 
2024/02/26    
コミットメントライン契約の期限延長に関するお知らせ 
2024/02/26    
資金の借入に関するお知らせ 
2024/02/21    
ESG ファイナンス・アワード受賞に関するお知らせ 
2024/02/15    
国内不動産信託受益権の取得(サンマリオンタワー)に関するお知らせ 
2024/02/09    
投資法人債の発行登録書提出に関するお知らせ 
2024/01/25    
資産の取得(クロスレジデンス高田馬場、クロスレジデンス六義園、クロスレジデンス神田神保町)及び譲渡(MG白金台ビル)に関するお知らせ 
  • PR

  • PR

銘柄ランキング
* 当サイトはJ-REIT(不動産投資信託)の情報提供を目的としており、投資勧誘を目的としておりません。
* 当サイトの情報には万全を期しておりますがその内容を保証するものではなくまた予告なしに内容が変わる(変更・削除)することがあります。
* 当サイトの情報については、利用者の責任の下に行うこととし、当社はこれに係わる一切の責任を負うものではありません。
* 当サイトに記載されている情報の著作権は当社に帰属します。当該情報の無断での使用(転用・複製等)を禁じます。