スマートフォン版を表示

特集!インフラ投資法人「いちごグリーンインフラ投資法人」インタビュー

今回は、いちご投資顧問株式会社 グリーンインフラ本部長 日色 隆善氏にファンドの特長に関してインタビュー形式でお話していただきました。

1.インフラ投資法人とは
2.太陽光発電設備の収益安定性について
3.外部成長(今後の物件取得方針)について
4.買取価格が下がった太陽光発電設備を組入れた場合の既存ポートフォリオへの影響について
5.REITとは異なるメリット・デメリットについて
6.いちごグリーンインフラ投資法人の特長について

特集!REIT「仕事x人」

星野リゾート・リート投資法人の資産運用会社である株式会社星野リゾート・アセットマネジメントの社員の皆様に、REITの資産運用会社が日々どのような仕事をされているか、また会社の魅力について、インタビュー形式でお話頂きました。

1.星野リゾートの旅館再生案件のお手伝いがきっかけ
2.広い視野で地域を見ている会社で働きたい
3.日頃の情報共有が大事
4.担当者の裁量が大きく、やりがいがある仕事です
5.ホテルREITが安定的なセクターであると認識されるようにしたい
6.REITとしての成長方針を上手くアピールする

対談「REITキーマンに聞く!」

今回は、ケネディクス不動産投資顧問株式会社 浅野 晃弘氏に業界動向やファンドの特長に関してインタビュー形式でお話していただきました。

第1部:業界動向・商業施設特化型リートについて
今、日本の人口動態を分析すると3人に1人が60歳以上という・・・続きを読む
第2部:ケネディクス商業リート投資法人について
本投資法人の主な投資対象は商業施設とし、特に生活密着型商業施設に対して重点投資を行っています。・・・続きを読む

ケネディクス商業リート投資法人情報

今回は、三井物産ロジスティクス・パートナーズ株式会社 田郷岡 成紀氏、元山 清仁氏に業界動向やファンドの特長に関してインタビュー形式でお話していただきました。

第1部:物流業界、物流リートについて 
弊社が資産運用会社として運営を行っている日本ロジスティクスファンド投資法人は、物流施設を主な投資対象・・・続きを読む
第2部:日本ロジスティクスファンド投資法人について 
本投資法人は、日本初の物流施設リートであり、上場して10年以上の運用実績があります。・・・続きを読む

日本ロジスティクスファンド投資法人情報

PR記事

ベンチャー企業・成長企業様を支援する
「次世代型出世ビル」プロジェクト始まる
Japan REIT 編集部
2016年5月19日、企業向け信用保証業務を手掛ける日本商業不動産保証やドコモ、第一勧業信用組合など7社が「次世代型出世ビル」プロジェクトの発足を・・・続きを読む


特集記事

3月13日週のニュース概観 
日神不動産投資顧問、投資法人設立が可能に
Japan REIT 編集部
3月13日、日神不動産が連結子会社である日神不動産投資顧問について、3月7日付で金融商品取引法第31条第4項に基づく変更登録を行ったと発表した。・・・続きを読む


3月6日週のニュース概観 
東急不動産、機構改革で住宅系REIT向け不動産取得業務を首都圏住宅事業本部傘下部署に移管
Japan REIT 編集部
3月8日、東急不動産が4月1日付の機構改革及び人事異動を決定したと発表した。・・・続きを読む


2月27日週のニュース概観 
ケネディクス・レジデンシャル投資法人、投資対象にホテル等宿泊施設追加へ
Japan REIT 編集部
2月28日、複数REITの資産運用会社を務めるケネディクス不動産投資顧問が、当日付で開催した取締役会でホテルに係る優先検討権を変更したと発表した。・・・続きを読む


2月20日週のニュース概観 
三井物産、米国不動産アセットマネジメント会社に出資
Japan REIT 編集部
2月20日、三井物産が米国の不動産アセットマネジメント会社に出資すると発表した。・・・続きを読む


個別レポート報告
J-REITファン2017 レポート(2) 「Jリート投資の魅力と押さえておきたいポイント」他
Japan REIT 編集部
東京証券取引所上場推進部の山中孝太郎氏を講師として200名ほどが入る第1会場で行われました。同時にサテライト中継で80名ほどが・・・続きを読む


外国人投資家は目先のドル円など見ていない
日本の投資家の「やっかいな病気」が再発した
東洋経済ONLINE
日本株の元気が、全般的に乏しい。実は個別の株では決してそんなことはないのだ。例えば日本精工などの機械部品株は・・・続きを読む


  • PR

  • PR

決算発表動画
物件取得価格ランキング
1 新宿マインズタワー 1,338億円
2 六本木ヒルズ森タワー 1,154億円
3 東京汐留ビルディング 1,100億円
4 汐留ビルディング 860億円
5 北の丸スクエア 816億円
株価値上り率ランキング
1 グローバル・ワン +1.26%
2 積水ハウスリート +0.61%
3 ケネディクス +0.61%
* 当サイトはJ-REIT(不動産投資信託)の情報提供を目的としており、投資勧誘を目的としておりません。
* 当サイトの情報には万全を期しておりますがその内容を保証するものではなくまた予告なしに内容が変わる(変更・削除)することがあります。
* 当サイトの情報については、利用者の責任の下に行うこととし、当社はこれに係わる一切の責任を負うものではありません。
* 当サイトに記載されている情報の著作権は当社に帰属します。当該情報の無断での使用(転用・複製等)を禁じます。