このページは各銘柄の最新情報が表示されております。

阪急阪神リート投資法人 (8977)

J-REIT銘柄情報

8977 阪急阪神リート投資法人

阪急阪神ホールディングスグループをスポンサーとする総合型J-REIT。上場来「阪急リート投資法人」という名称だったが、2018年9月にスポンサーグループの不動産部門再編に合わせて名称を現在のものに変更した。投資対象としては商業施設に軸足を置いており、現時点でポートフォリオの約71%を商業施設が占めている。地域別ではスポンサーのお膝元である関西圏が73%程度を占めており、地域特化型J-REITという側面も有している。JCRからは「AA-」、R&Iからは「A+」という高格付をそれぞれ取得しており、日本銀行が投資口5%以上を保有している銘柄の一つでもある。直近では2期連続増資を行い、また資産入替えを行う等、積極的な運用へ。中期的な目標として2020年中に資産規模2,000億円を目指すとともに、巡航分配金水準を3,100円へ上方修正。<2019年1月31日時点>

投資口情報2019/04/23時点
投資口価格147,300円 (+900円)
時価総額102,402.96百万円
分配金利回り4.25% (-0.03)
出来高1,154口
(括弧内は前日比)
業績予想2019/01/24付「決算短信」
前期 当期 次期
期首 2018/06/01 2018/12/01 2019/06/01
期末 2018/11/30 2019/05/31 2019/11/30
営業収益 5,506百万円 6,010百万円 5,901百万円
当期利益 1,990百万円 2,196百万円 2,155百万円
1口分配金 3,117円 3,160円 3,100円

投資口価格・利回り・出来高の推移2019/04/23時点
取得物件のポートフォリオ構成2019/03/31時点
物件取得額合計 1,674億円
物件数 30棟
用途別取得額比率 地域別取得額比率
  • PR

  • PR

銘柄ランキング
* 当サイトはJ-REIT(不動産投資信託)の情報提供を目的としており、投資勧誘を目的としておりません。
* 当サイトの情報には万全を期しておりますがその内容を保証するものではなくまた予告なしに内容が変わる(変更・削除)することがあります。
* 当サイトの情報については、利用者の責任の下に行うこととし、当社はこれに係わる一切の責任を負うものではありません。
* 当サイトに記載されている情報の著作権は当社に帰属します。当該情報の無断での使用(転用・複製等)を禁じます。
[modified] => 2018-09-18 15:29:41