スマートフォン版を表示

2019年10月17日

決算情報拾い読み ヒューリックリート投資法人

2019年8月期(第11期)決算説明会資料

今回取り上げるのは、2019年10月16日に開示されたヒューリックリート投資法人(以下HRR)の11期(2019年8月期)決算説明会資料です。
資産運用会社は、みずほ銀行系列のヒューリック株式会社の100%子会社であるヒューリックリートマネジメント株式会社にて、2014年2月に上場しております。

 

ポートフォリオ投資方針等

投資クライテリア、立地等
      HRRはオフィス・商業に対して重点的に投資を行う(投資比率80%程度)。オフィスについては、東京都及び東京都近郊の政令指定都市にあって、原則として「最寄駅から5分以内」に立地するもの。商業については、東京都及び東京都近郊の主要都市にあって、原則として「最寄駅から5分以内」又は「繁華性のあるエリア」としている。HRRではこれらを、「東京コマーシャル・プロパティ」と称している。「東京コマーシャル・プロパティ」以外を、「次世代アセット・プラス」と称して、20%程度の投資を行う。これには、有料老人ホーム、ネットワークセンター、ホテル、等が含まれる。

 

第11期のトピックス

1.外部成長
      11期の物件異動は、2019年6月に「ヒューリック銀座7丁目ビル」(取得価格56億円・25%追加取得)、「ヒューリック飯田橋ビル」(取得価格14.5億円)を取得した。その結果11期末時点では、保有51物件(取得価格合計3,140億円)となった。次期となる12期では、2019年9月に「ヒューリック銀座7丁目ビル」(取得価格44.8億円・20%追加取得)、「チャームスイート新宿戸山」(取得価格33.23億円)、「チャームスイート石神井公園」(取得価格32億円)を取得している。

2. 内部成長
      11期末稼働率は、100%と高稼働率を維持。ポートフォリオの81.5%が都心6区に所在し、駅徒歩5分以内の比率も高く「都心・駅近」物件に集中的な投資を行っている。賃料改定実績では、9期末(2018年8月末)の+16.6%をピークに+6.0%と低下しているものの、増額傾向は継続しており、NOIの成長も前々期となる9期と比較し+2.8%の成長。

3. 資金調達の概要
      11期中は、2019年6月に資産の取得に充当する目的で、70.5億円の資金借入を実施。8月には45.8億円の長期資金の借換えをおこなった。11期末時点での有利子負債総額は1,465億円、LTVは総資産ベースで44.3%となっている。次期となる12期では、2019年9月・10月に投資口(61,000口)の新規発行を行い、109.75億円を調達。この結果、HRRの出資総額は1,737.78億円・1,312,000口となっている。

 

主要指標(決算説明資料より抜粋)

ヒューリックリート投資法人決算説明会拾い読み

ヒューリックリート投資法人決算説明会拾い読み

ヒューリックリート投資法人決算説明会拾い読み

 

  • PR

  • PR

決算発表動画
物件取得価格ランキング
1 六本木ヒルズ森タワー 1,154億円
2 東京汐留ビルディング 1,100億円
3 汐留ビルディング 1,069億円
4 北の丸スクエア 816億円
5 ガーデンシティ品川御殿山 720億円
株価値上り率ランキング
1 日本リート +3.40%
2 インベスコ +3.11%
3 グローバル・ワン +2.97%
* 当サイトはJ-REIT(不動産投資信託)の情報提供を目的としており、投資勧誘を目的としておりません。
* 当サイトの情報には万全を期しておりますがその内容を保証するものではなくまた予告なしに内容が変わる(変更・削除)することがあります。
* 当サイトの情報については、利用者の責任の下に行うこととし、当社はこれに係わる一切の責任を負うものではありません。
* 当サイトに記載されている情報の著作権は当社に帰属します。当該情報の無断での使用(転用・複製等)を禁じます。