スマートフォン版を表示

2020年02月18日

平和不動産リート投資法人

FISCO REIT REPORT

平和RE Research Memo(5):高水準の分配金を予想

■今後の見通し

● 2020年5月期と2020年11月期の業績予想
平和不動産リート投資法人の2020年5月期(第37期)の業績は、営業収益6,233百万円(前期比1.5%減)、営業利益2,822百万円(同4.9%減)、経常利益2,388百万円(同4.7%減)、当期純利益2,387百万円(同4.7%減)の見通しだ。2019年11月期に計上した資産譲渡益がなくなることが、減収減益予想の主因である。また、2020年11月期(第38期)は、営業収益6,227百万円(前期比0.1%減)、営業利益2,829百万円(同0.3%増)、経常利益2,417百万円(同1.2%増)、当期純利益2,416百万円(同1.2%増)を予想する。ただ、これまで常に期初予想を上回る決算を続けていることを考えると、今回も慎重な業績予想と見られる。

外部成長戦略では、2020年5月期には2物件を取得予定である。また、内部成長戦略では、オフィス、レジデンスともに、賃料増額改定の進展を見込む一方で、稼働率については、オフィス、レジデンスともに保守的に設定している。さらに、財務戦略では、過去に借りた金利の高い借入金の満期が到来し、良好な金融環境のもと、リファイナンスとともに費用低減の進展を見込んでいる。以上により、2020年5月期の分配金は2,525円(前期比25円増)、2020年11月期も2,525円と、高水準を予想している。

平和不動産リート投資法人FISCO REIT REPORT

 

(執筆:フィスコ客員アナリスト 国重 希)

本記事の重要事項(ディスクレーマー)はこちらのリンクの資料よりご覧ください

掲載内容に関しては株式会社フィスコIRにお問い合わせください。

1|2|3|4|5|6|7|8
  • PR

  • PR

決算発表動画
物件取得価格ランキング
1 六本木ヒルズ森タワー 1,154億円
2 東京汐留ビルディング 1,100億円
3 汐留ビルディング 1,069億円
4 北の丸スクエア 816億円
5 ガーデンシティ品川御殿山 720億円
株価値上り率ランキング
1 インヴィンシブル +6.97%
2 森トラストホテル +5.80%
3 いちごホテル +4.42%
* 当サイトはJ-REIT(不動産投資信託)の情報提供を目的としており、投資勧誘を目的としておりません。
* 当サイトの情報には万全を期しておりますがその内容を保証するものではなくまた予告なしに内容が変わる(変更・削除)することがあります。
* 当サイトの情報については、利用者の責任の下に行うこととし、当社はこれに係わる一切の責任を負うものではありません。
* 当サイトに記載されている情報の著作権は当社に帰属します。当該情報の無断での使用(転用・複製等)を禁じます。