スマートフォン版を表示

マーケットコラム

日銀のREIT取得が加速/REITアナリスト 山崎成人

2011-10-07

REITアナリスト 山崎成人

 9月に入って頻繁に日銀がREITを取得しており、9/9~10/5の間で12回実施していますので、2営業日毎に買いに入っている勘定になります。
1回の買入額は17億円、10月は既に3回で31億円取得していますが、10/5の東証REIT指数は884.15ポイントとほぼ1年ぶりに900ポイントを下回りました。
日銀のREIT取得があってもこれだけ下がるのは、恐らく外国法人の売りによるものだと考えられます。
東証が発表する投資部門別売買動向を見ると、7月・8月と2ヶ月連続で外国法人が売り越していて、月間の売越金額は110億円前後ですから、日銀がこの分を買い支えている形になります。
外国法人に加えて、投資信託も取引金額では7月・8月と売り越していますので、外国法人と投資信託の売りによって日銀のREIT取得が費消されている勘定になります。
外国法人の売りは、円高が一つの要因だと考えられますので、見方によっては円高対策の一環だとも言えなくはありません。為替相場を見ると、現在は$1=76円台で推移していますが、この水準が底だとも言えず、更に円高が進行する気配がありますので、未だ予断を許しません。尤も、金融当局から見ると、円相場を支えるには膨大な資金を投入しなければなりませんが、円高による個々の影響を緩和する方が少ない資金で済みますから、REIT取得は大した重荷ではないとも言えます。それに、国内投資資金も行き場を失いつつありますから、遠からず国内投資に回帰するでしょうから、それまでの我慢だとも言えます。

REITは株式と違ってマクロ経済の影響度が弱くなりますから、安定した分配金を実現していれば、何れは投資資金が戻りますので、今は慌てずに分配金の安定対策に注力していれば良いと言えます。
その為には、投資法人は自らの財務内容をチェックして、出来るところから改善する必要があります。
第一義的には、流動性指標の改善ですが、これには増資も必要になりますので、やや規模を小さくして株主割当増資を検討するべきだと思います。特に内部留保を持っている投資法人は十分に検討に値しますので、積極的に取り組んで欲しいと思います。

マーケットコラム バックナンバー
2022/11/29
資源価格高騰がJ-REITに与える悪影響/アイビー総研 関 大介 【関 大介】  
2022/11/15
物件取得急減の影響について/アイビー総研 関 大介 【関 大介】  
2022/10/28
2022年上半期、J-REIT価格を支えたのは/アイビー総研 関 大介 【関 大介】
2022/10/14
価格が軟調に転じた物流系銘柄の投資ポイント/アイビー総研 関 大介 【関 大介】
2022/09/26
旅行需要回復とホテル系銘柄投資における注意点/アイビー総研 関 大介 【関 大介】
  • PR

  • PR

決算発表動画
物件取得価格ランキング
1 新宿三井ビルディング 1,700億円
2 六本木ヒルズ森タワー 1,154億円
3 飯田橋グラン・ブルーム 1,135億円
4 汐留ビルディング 1,069億円
5 東京汐留ビルディング 825億円
株価値上り率ランキング
1 ケネディクス・レジ +2.16%
2 ジャパン・ホテル +1.85%
3 インヴィンシブル +0.90%
* 当サイトはJ-REIT(不動産投資信託)の情報提供を目的としており、投資勧誘を目的としておりません。
* 当サイトの情報には万全を期しておりますがその内容を保証するものではなくまた予告なしに内容が変わる(変更・削除)することがあります。
* 当サイトの情報については、利用者の責任の下に行うこととし、当社はこれに係わる一切の責任を負うものではありません。
* 当サイトに記載されている情報の著作権は当社に帰属します。当該情報の無断での使用(転用・複製等)を禁じます。