スマートフォン版を表示

マーケットコラム

ヘルスケア&メディカル投資法人について/アイビー総研 関 大介

2015-03-11

関 大介

 今回は、3月19日に上場予定のヘルスケア&メディカル投資法人(証券コード3455、以下HCM)について記載します。

HCMは、投資法人の名称の通りシニア向け住宅を中心としたヘルスケア施設と病院・診療所や医療モールなどのメディカル(医療関連)施設に投資を行う銘柄となります。上場時の取得予定物件は、シニア向け住宅14棟で、取得額は236億円の予定となっています。既にヘルスケア銘柄としては、日本ヘルスケア投資法人(証券コード3308)が上場していますので、HCMはJ-REITで2銘柄目のヘルスケア銘柄となります。

HCMの特徴の一つとして、資産運用会社の構成が挙げられます。HCMの資産運用会社は、三井住友銀行グループ、シップヘルスケアホールディングス(以下、SHIP HC)、NECキャピタルソリューションがスポンサーとなり、それぞれ1/3ずつ出資して運用を行うことになります。特にSHIP HCはシニア向け住宅事業の他に医療施設の新設・移転・増改築に関するサービスなどメディカル関連の事業も行っています。

HCMの二つ目の特徴として、上場後も物件取得が充分に可能なことを示している点です。HCMは、日本ヘルスケア投資法人が132億円の規模で上場した点と比較すると約1.8倍の規模となりますが、目論見書(※)によると「スポンサー関連の会社が保有する14物件に関してHCMは優先交渉権を確保している」としています。

目論見書には、注記として「取得予定物件ではなく今後取得できる保証はない」との記載はありますが、シニア向け住宅は取得競合が激しく取得が困難になる中で上場を延期する事例が生じるような状況です。従って物件取得の可能性を示している点は、投資家にとってプラス材料と考えられます。
但し、優先交渉権はありますが優先交渉価格の記載はありません。従って今後シニア向け住宅価格の高騰が続いた場合には、その時の価格で取得となるため、ポートフォリオの利回りより低い利回りで取得する可能性がある点は懸念材料と考えられます。

次に、ヘルスケア銘柄に投資する上で重要な判断材料となる、シニア施設運用会社との契約内容ですが、最も契約終期が早い物件でも平成38年11月となっていることが示す通り長期契約としています。また契約期間中の賃料変更も大半の施設で5年毎となっているため、最も契約更改が早い物件で平成28年11月に条件変更の時期となっています。この点から上場時保有資産に関しては、賃料減額リスクは低いものと考えられます。
但し、中途解約や賃料更改の条件が開示されていない「アズハイム光が丘」(取得額13億円)や一年前予告で契約解約可能なサービス付高齢者向け住宅2物件(取得額31億円)については、賃料減額や解約リスクが短期的に露見する可能性があります。

なお、日本ヘルスケア投資法人では開示されていた施設売上に対する介護保険売上の比率に関する開示は、HCMでは開示されていません。介護保険の自己負担比率の引上げがあった場合には、入居者負担が増加するため、長期的にHCMに投資する上では重要な指標と考えられます。この点にはついては、今後決算説明会資料などで開示が行われることが望まれます。

最後に上場後の価格ですが、日本ヘルスケア投資法人の事例を見る限り、上昇する可能性が高いと考えられます。前述の通りHCMはヘルスケア銘柄としては2番目の上場となりますが、上場時の調達額が第三者割当増資を含め125億円程度(※2)と少ない点や日本ヘルスケア投資法人が3%を切る分配金利回りまで価格が上昇しているためです。

 
※2015年2月17日付、ヘルスケア&メディカル投資法人「新投資口発行及び投資口売出届出目論見書」

※2 2015/4/2訂正 調達額が間違っていたため訂正しました(訂正前:180億円程度→訂正後:第三者割当増資を含め125億円程度)

マーケットコラム バックナンバー
2019/11/15
J-REIT価格11月初旬からの急落要因と今後の見通し/アイビー総研 関 大介 【関 大介】  
2019/10/25
J-REIT第3四半期の投資部門別売買動向について/アイビー総研 関 大介 【関 大介】  
2019/10/11
ホテル系銘柄の利回りが高い理由と投資上の留意点/アイビー総研 関 大介 【関 大介】
2019/09/27
J-REIT価格高騰期の注意点/アイビー総研 関 大介 【関 大介】
2019/09/13
J-REIT価格が上昇を続ける理由/アイビー総研 関 大介 【関 大介】
  • PR

  • PR

決算発表動画
物件取得価格ランキング
1 六本木ヒルズ森タワー 1,154億円
2 東京汐留ビルディング 1,100億円
3 汐留ビルディング 1,069億円
4 北の丸スクエア 816億円
5 ガーデンシティ品川御殿山 720億円
株価値上り率ランキング
1 ジャパンリアル +3.69%
2 マリモ +3.06%
3 エスコンジャパン +1.99%
* 当サイトはJ-REIT(不動産投資信託)の情報提供を目的としており、投資勧誘を目的としておりません。
* 当サイトの情報には万全を期しておりますがその内容を保証するものではなくまた予告なしに内容が変わる(変更・削除)することがあります。
* 当サイトの情報については、利用者の責任の下に行うこととし、当社はこれに係わる一切の責任を負うものではありません。
* 当サイトに記載されている情報の著作権は当社に帰属します。当該情報の無断での使用(転用・複製等)を禁じます。