スマートフォン版を表示

ヒューリックリート投資法人 (3295)

J-REIT銘柄情報

3295 ヒューリックリート投資法人

ヒューリックリート投資法人が第17期決算、ヒューリック五反田ビルの取得を発表

(2022/10/13)

ヒューリックリート投資法人が、第17期(2022年8月期)決算を発表した。 第17期は、「グランダ学芸大学」を取得する一方、「ヒューリック新宿三丁目ビル」の残持分を売却した。ポートフォリオの67%を占めるオフィスの期中平均稼働率は96.8%と前期より0.1ポイント改善した。前期に取得した物件の通期稼働により前期比2.4%増益。物件売却益のうち147百万円を内部留保とし、1口当たり分配金は3,700円と予想分配金と同額となった。 期末のポートフォリオは62物件、資産規模(取得額合計)は3,789億円、有利子負債比率は44.6%。 併せて、「ヒューリック五反田ビル」を取得することを発表した。物件は、JR山手線五反田駅より徒歩2分に位置する、1986年竣工、8階建のオフィスビル。低層階がみずほ銀行の店舗となっている。テナントは4社、稼働率は100%。取得額は61.62億円。 第18期(2023年2月期)は、上記の「ヒューリック五反田ビル」を取得する一方、「横浜山下町ビル」を売却する。複数のテナント退去発生によりオフィスの期中平均稼働率が95.4%と前期より1.4ポイント低下する想定。売却益306百万円を計上するが、賃貸収入及び売却益の減少により、前期比11.7%減益を見込む。内部留保より179百万円を取り崩すが、1口当たり分配金は3,480円と前期比5.9%減となる見通し。 第19期(2023年8月期)は、オフィスの期中平均稼働率が97.0%と前期予想より2.6ポイント改善する想定。これにより賃貸収益は増加するが、前期の物件売却益がなくなることや固都税の増加により、前期予想比1.5%減益を見込む。内部留保より250百万円を取崩し、1口当たり分配金は3,480円と前期予想と同額となる見通し。 当面はオフィスの稼働率向上に注力するとともに、引き続き銀行店舗ビルや有料老人ホームを取得する物件入替えで収益向上を図る。

           
  第17期実績 第18期予想 前期比 第19期予想 前期比
営業収益 11,502百万円 10,583百万円 ▲8.0% 10,545百万円 ▲0.4%
当期利益 5,475百万円 4,832百万円 ▲11.7% 4,760百万円 ▲1.5%
分配金総額 5,328百万円 5,011百万円 ▲5.9% 5,010百万円 ▲0.0%
1口当たり分配金 3,700円 3,480円 ▲5.9% 3,480円 0.0%
<取得>          
物件名称 ヒューリック五反田ビル    
所在地 東京都品川区西五反田    
取得金額 6,162百万円    
鑑定NOI利回り 4.6%    
還元利回り 3.8%    
竣工時期 1986年5月    
取得日 2022年10月28日    
売主 芙蓉総合リース(株)    

ヒューリックリート投資法人の記事を最新5件
2022/09/27
ヒューリックリート投資法人が横浜山下町ビルを売却
2022/04/14
ヒューリックリート投資法人が第16期決算を発表、1口当たり実績分配金は3,600円
2022/03/29
ヒューリックリート投資法人がグランダ学芸大学を取得
2021/10/14
ヒューリックリート投資法人が第15期決算、投資口追加発行、ヒューリックと物件入替え
2021/04/14
ヒューリックリート投資法人が第14期決算を発表、1口当たり実績分配金は4,052円
  • PR

  • PR

決算発表動画
物件取得価格ランキング
1 新宿三井ビルディング 1,700億円
2 六本木ヒルズ森タワー 1,154億円
3 飯田橋グラン・ブルーム 1,135億円
4 汐留ビルディング 1,069億円
5 東京汐留ビルディング 825億円
株価値上り率ランキング
1 ジャパン・ホテル +1.40%
2 いちごホテル +1.15%
3 大江戸温泉 +0.64%
* 当サイトはJ-REIT(不動産投資信託)の情報提供を目的としており、投資勧誘を目的としておりません。
* 当サイトの情報には万全を期しておりますがその内容を保証するものではなくまた予告なしに内容が変わる(変更・削除)することがあります。
* 当サイトの情報については、利用者の責任の下に行うこととし、当社はこれに係わる一切の責任を負うものではありません。
* 当サイトに記載されている情報の著作権は当社に帰属します。当該情報の無断での使用(転用・複製等)を禁じます。