スマートフォン版を表示

野村不動産マスターファンド投資法人 (3462)

J-REIT銘柄情報

3462 野村不動産マスターファンド投資法人

野村不動産マスターファンド投資法人が大阪及び名古屋のレジデンス計5物件を売却

(2019/01/15)

野村不動産マスターファンド投資法人が、レジデンス1物件の計5物件を売却する。 売却する物件は、「プライムアーバン江坂Ⅰ」等大阪のレジデンス4物件、名古屋のレジデンス1物件。5物件の売却額は計53.47億円。昨年12月に「セレニテ心斎橋グランデ」を取得したことから、関西圏のポートフォリオのリバランスやマンション需給環境を勘案し、売却を決定した。簿価との差額は7.72億円となり、第7期(2019年2月期)に売却益が発生するが、内部留保するため、業績予想の修正はなし。

<売却>          
物件名称 所在地 売却額 簿価 差額
(売却額-簿価)
売却先
プライムアーバン江坂Ⅰ 大阪府吹田市垂水町 729百万円 612百万円 117百万円 非開示
プライムアーバン江坂Ⅱ 大阪府吹田市垂水町 910百万円 743百万円 167百万円 非開示
プライムアーバン江坂Ⅲ 大阪府吹田市広芝町 1,334百万円 1,095百万円 239百万円 非開示
プライムアーバン玉造 大阪府大阪市中央区 1,206百万円 955百万円 251百万円 非開示
プライムアーバン千種 愛知県名古屋市東区 1,168百万円 1,167百万円 1百万円 非開示
合計 5,347百万円 4,572百万円 775百万円  

野村不動産マスターファンド投資法人の記事を最新5件
2019/02/07
野村不動産マスターファンド投資法人が投資口追加発行、10物件を取得、資産規模1兆円へ
2018/11/13
野村不動産マスターファンド投資法人が神戸の商業施設、大阪のレジデンスを取得
2018/10/15
野村不動産マスターファンド投資法人が第6期決算を発表、1口当たり実績分配金(利益超過分配金含む)は3,084円
2018/04/13
野村不動産マスターファンド投資法人が第5期決算を発表、1口当たり実績分配金(利益超過分配金含む)は3,047円
2018/02/01
野村不動産マスターファンド投資法人が投資口の追加発行、9物件を取得
  • PR

  • PR

決算発表動画
物件取得価格ランキング
1 六本木ヒルズ森タワー 1,154億円
2 東京汐留ビルディング 1,100億円
3 汐留ビルディング 1,069億円
4 北の丸スクエア 816億円
5 汐留ビルディング 716億円
株価値上り率ランキング
1 インヴィンシブル +2.35%
2 ジャパン・ホテル +1.78%
3 フロンティア +1.77%
* 当サイトはJ-REIT(不動産投資信託)の情報提供を目的としており、投資勧誘を目的としておりません。
* 当サイトの情報には万全を期しておりますがその内容を保証するものではなくまた予告なしに内容が変わる(変更・削除)することがあります。
* 当サイトの情報については、利用者の責任の下に行うこととし、当社はこれに係わる一切の責任を負うものではありません。
* 当サイトに記載されている情報の著作権は当社に帰属します。当該情報の無断での使用(転用・複製等)を禁じます。
[modified] => 2018-09-18 15:29:41