スマートフォン版を表示

インヴィンシブル投資法人 (8963)

J-REIT銘柄情報

8963 インヴィンシブル投資法人

インヴィンシブル投資法人が第15期決算を発表、1口当たり実績分配金は435円

(2011/02/24)

インヴィンシブル投資法人が第15期(平成22年12月期)決算を発表。第15期の運用期間は合併コストを吸収するため12ヶ月間。2月にエルシーピー投資法人と合併し、43棟を継承した。その後財務改善を目的として49棟を売却。物件売却損7,362百万円の発生により経常損失7,078百万円となるも、合併に伴う負ののれん11,843百万円により当期利益は4,757百万円。分配原資は276百万円となり、投資口5分割により1口当たり分配金は435円となった。なお、中間決算において付記した継続企業の前提に関する疑義は第15期末においても変化はなく、更に財務制限条項(負債比率が60%を超過)に抵触しているため、借入金の一部について利益喪失事由に該当。第16期(平成23年6月期)は前期の物件売却損がなくなるも、運用期間が6ヶ月となること、金融コスト等により利益は3百万円。分配原資は負ののれんより123百万円を活用し127百万円、1口当たり分配金は200円となる見通し。3月末に返済期限の借入金429億円のリファイナンスを重要課題とし、新スポンサーを最優先して検討する構え。

  第15期実績 第16期予想
営業収益 5,348百万円 2,343百万円
経常利益 -7,078百万円 4百万円
当期利益 4,757百万円 3百万円
分配金
(/1口)
435円 200円
※第15期当期利益:負ののれん11,843百万円を含む
※第15期運用期間は12ヶ月間、第16期運用期間は6ヶ月間

インヴィンシブル投資法人の記事を最新5件
2019/07/01
インヴィンシブル投資法人が投資口追加発行、ホテルマイステイズ札幌アスペン等ホテル18物件を取得、資産規模5,000億円へ
2019/05/28
インヴィンシブル投資法人がロイヤルパークスタワー南千住を売却、業績予想を修正
2019/05/17
インヴィンシブル投資法人がスペーシア恵比寿を売却、業績予想を修正
2019/02/21
インヴィンシブル投資法人が第31期決算を発表、1口当たり実績分配金(利益超過分配金含む)は1,683円
2018/12/18
インヴィンシブル投資法人が自己投資口の取得を完了、1口当たり予想分配金(利益超過分配金含む)を修正
  • PR

  • PR

決算発表動画
物件取得価格ランキング
1 六本木ヒルズ森タワー 1,154億円
2 東京汐留ビルディング 1,100億円
3 汐留ビルディング 1,069億円
4 北の丸スクエア 816億円
5 ガーデンシティ品川御殿山 720億円
株価値上り率ランキング
1 タカラリート +2.81%
2 サンケイリアル +1.36%
3 インヴィンシブル +1.29%
* 当サイトはJ-REIT(不動産投資信託)の情報提供を目的としており、投資勧誘を目的としておりません。
* 当サイトの情報には万全を期しておりますがその内容を保証するものではなくまた予告なしに内容が変わる(変更・削除)することがあります。
* 当サイトの情報については、利用者の責任の下に行うこととし、当社はこれに係わる一切の責任を負うものではありません。
* 当サイトに記載されている情報の著作権は当社に帰属します。当該情報の無断での使用(転用・複製等)を禁じます。
[modified] => 2018-09-18 15:29:41