スマートフォン版を表示

2015年09月14日

「REITキーマンに聞く!」GLPジャパン・アドバイザーズ株式会社 鳥越 豪郎 氏

今回は、GLPジャパン・アドバイザーズ株式会社 鳥越 豪郎 氏にJ-REIT市場と ファンドの特徴をインタビュー形式でお話していただきました。 (※このインタビューは2015年6月に行ったものです。)

――投資家の顔ぶれは変わってきていたりしますか?

地銀が勢いあるように見えます。外国人投資家は2013、2014年に強かったのですが、最近は売り越しに転じてきています。利回り目線で見ている投資家にとっては、J-REITの平均利回りが今は3%台なので、他の金融資産に比べて魅力的に映るようです。
プロパティ系(不動産の価値を見ている方)の外国人投資家の中には、慎重姿勢の方もいらっしゃいます。一方で外国人投資家の中でもミューチャルファンドや利回りを見ている投資家は、新規にJ-REITに投資を行うような動きも見られます。

※ミューチャルファンド:米国一般的な投資信託の通称。複数の投資家が資金を提供し共同で株式、その他金利商品等の投資運用を行う。

――個人投資家についてはいかがでしょうか?

個人投資家の資金が投資信託(以降、投信)に流れてきているかと思いますので、投信を通じた資金流入も強いようです。
最近の証券会社の広告を見ていると、「NISA」と「J-REIT」が二大キーワードになっている印象があり、そのお蔭で、多くの個人投資家の資金が入ってきているものと思います。

1|2|3|4|5|6|7
  • PR

  • PR

決算発表動画
物件取得価格ランキング
1 新宿三井ビルディング 1,700億円
2 六本木ヒルズ森タワー 1,154億円
3 飯田橋グラン・ブルーム 1,135億円
4 汐留ビルディング 1,069億円
5 東京汐留ビルディング 825億円
株価値上り率ランキング
1 ヘルスケア&メディカル +1.44%
2 ジャパンリアル +1.34%
3 産業ファンド +1.28%
* 当サイトはJ-REIT(不動産投資信託)の情報提供を目的としており、投資勧誘を目的としておりません。
* 当サイトの情報には万全を期しておりますがその内容を保証するものではなくまた予告なしに内容が変わる(変更・削除)することがあります。
* 当サイトの情報については、利用者の責任の下に行うこととし、当社はこれに係わる一切の責任を負うものではありません。
* 当サイトに記載されている情報の著作権は当社に帰属します。当該情報の無断での使用(転用・複製等)を禁じます。