スマートフォン版を表示

2016年09月23日

「国際総合物流展2016」レポート 1/3

2016年9月13日(火)~9月16日(金)開催

国際物流総合展 第12回 Logis-Tech Tokyo2016

経済のグローバル化を背景としたサプライチェーンの再編と3PLの定着、e-コマース市場の拡大、世界的な金融緩和や運用難による投資資金の流入等を追い風として物流不動産市場は活況が続いています。
しかし一方で物流不動産の投資利回りが過去最低水準まで低下する等、過熱を感じさせるデータやそれに対する警戒の声も増えてきました。
こうした熱気と警戒感が入り混じる状況下、物流特化型REITのスポンサーはどのような方針で物流不動産事業を進めていこうとしているのか、「国際総合物流展2016」での各社セミナーから探ってきました。

そもそも「国際総合物流展」とは、「内外の最新物流機器・システム・サービス等のソフトとハードを一堂に結集し、交易振興・技術の向上・情報の提供・人的交流等を促進することを目的」として、物流に関する業界団体や企業が2年に1度、4日間にわたって開催しているアジア最大の物流・ロジスティクス展示会です。
前回開催でも参加企業400社以上、入場者も13万人を越え盛り上がりや関心の高さも窺える展示会となっています。

今年の国際総合物流展には以下のJ-REITスポンサーが参加をしていました。
・グローバル・ロジスティック・プロパティーズ株式会社(以下、GLP)
・大和ハウス工業株式会社(以下、大和ハウス工業)
・野村不動産ホールディングス株式会社(以下、野村不動産)
・株式会社プロロジス(以下、プロロジス)
・三菱地所株式会社(ただしセミナーは実施せず)
(※あいうえお順)

1日目:野村不動産ホールディングス株式会社レポート

2日目:大和ハウス工業株式会社レポート

3日目:株式会社プロロジス/GLP株式会社レポート

1|2|3
  • PR

  • PR

決算発表動画
物件取得価格ランキング
1 六本木ヒルズ森タワー 1,154億円
2 東京汐留ビルディング 1,100億円
3 汐留ビルディング 1,069億円
4 北の丸スクエア 816億円
5 汐留ビルディング 716億円
株価値上り率ランキング
1 森トラストホテル +1.03%
2 サンケイリアル +1.02%
3 日本ロジスティクス +0.93%
* 当サイトはJ-REIT(不動産投資信託)の情報提供を目的としており、投資勧誘を目的としておりません。
* 当サイトの情報には万全を期しておりますがその内容を保証するものではなくまた予告なしに内容が変わる(変更・削除)することがあります。
* 当サイトの情報については、利用者の責任の下に行うこととし、当社はこれに係わる一切の責任を負うものではありません。
* 当サイトに記載されている情報の著作権は当社に帰属します。当該情報の無断での使用(転用・複製等)を禁じます。
[modified] => 2018-09-18 15:29:41