スマートフォン版を表示

2017年10月10日

特集!インフラ投資法人「タカラレーベン・インフラ投資法人」インタビュー

今回は、タカラアセットマネジメント株式会社 取締役投資運用部長 髙橋 衛氏にインフラファンド市場とファンドの特長に関してインタビュー形式でお話していただきました。

タカラアセットマネジメント株式会社 髙橋 衛氏

2.タカラレーベン・インフラ投資法人について

――続いては、タカラレーベン・インフラ投資法人についてお話を伺いたいと思います。まずは外部成長戦略についてお聞かせ願えますでしょうか。

2016年6月2日に上場した本投資法人は、本年6月1日に増資を行い、現在物件数18件、パネル出力約50MW、資産規模約216億円で運用を行っています。
スポンサーである株式会社タカラレーベンは、一般には分譲マンションの開発・販売で知られていますが、2013年からメガソーラー事業に参入しており、今年6月時点で発電所数31か所、累計パネル出力80MWの開発・稼働実績を有しています。
このスポンサーが開発した物件は優先的売買交渉権を付与されており、今後も組み入れていくことはもちろん、スポンサーから提供されるウェアハウジング機能を活用しつつ、着実な拡大を続けている発電所セカンダリー市場からも物件を取得していく考えです。運用資産の拡大ペースとしてはパネル出力が年間20~40MW増加していくイメージです。

資産取得による確実な成長

ポートフォリオデータ(タカラレーベン・インフラ投資法人HPより)

――続いて内部成長はどのようにお考えでしょうか。

本投資法人は、再エネ設備等を「所有」するのみで、「賃貸」に供しています。すなわち、売電事業は投資法人が行っているわけではなく、賃借人が行っています。
賃料については、最低保証賃料を設定することにより賃料収入の安定化を図っています。例えば天候不順により実際の発電量が芳しくない状況においても、投資法人としては「最低保証賃料」を収受することができ、売電事業のリスクを低減させる建て付けとしています。
逆に、実際の発電量が最低保証賃料水準を上回った場合、実績連動賃料を収受しアップサイドを狙える設定としています。この実績連動賃料部分のみの分配金は2016年11月期で約51円、2017年5月期で約98円の増額実績があります。なお当期(2017年11月期)については、6月7月と非常に天候がよかったため、実績連動賃料として確定できた部分につき、8月7日に158円の配当金の上方修正を行ったばかりです。
今後も、「純収益に基づく分配金の増加」に寄与する内部成長を考えていきたいと思います。

分配金予想と実績

分配金について(タカラレーベン・インフラ投資法人HPより)

――賃料設定で下限を固めて上昇を狙えるようにしているということですが、そもそもFIT制度で定められた太陽光電力の固定買取価格が低下傾向にあることは、貴投資法人の収益力にどのような影響を与えるとお考えでしょうか。

本投資法人の収益力には大きな影響はないと考えています。
というのも、FIT制度で太陽光電力の固定買取価格が下げられているのは、発電コストが技術革新等で低下傾向にあるからです。つまり固定買取価格は下がっても、そのために使ったコストも下がっているので差し引きで残る利益は変わらないという想定で固定買取価格の削減が行われています。そして実際の太陽光発電業界の状況は、概ね想定通りの動きになっていると思います。
そこに本投資法人独自のコスト削減の取組み、外部成長による運用規模の拡大が加わるので、固定買取価格の低下で本投資法人の収益力が落ちるとは考えていません。

1|2|3|4
  • PR

  • PR

What's New
2017/10/19
10/17より実施しておりました緊急メンテナンスは終了し、現在は通常通りご利用いただけます。ご迷惑をお掛け致しましたことを深くお詫び申し上げます。
2017/10/13  
マーケットコラム「上場インフラファンドについて」
2017/10/12  
J-REIT市況月次レポート(2017年9月)をUP
2017/10/06  
J-REIT個人投資家アンケート調査結果をUP
2017/09/28  
J-REIT銘柄分析セミナー【東京】10月28日(土)・11月8日(水)/【大阪】11月4日(土)/【名古屋】11月11日(土)
決算発表動画
物件取得価格ランキング
1 新宿マインズタワー 1,338億円
2 六本木ヒルズ森タワー 1,154億円
3 東京汐留ビルディング 1,100億円
4 汐留ビルディング 1,069億円
5 北の丸スクエア 816億円
株価値上り率ランキング
1 日本アコモ +1.17%
2 グローバル・ワン +0.91%
3 ケネディクス・レジ +0.88%
* 当サイトはJ-REIT(不動産投資信託)の情報提供を目的としており、投資勧誘を目的としておりません。
* 当サイトの情報には万全を期しておりますがその内容を保証するものではなくまた予告なしに内容が変わる(変更・削除)することがあります。
* 当サイトの情報については、利用者の責任の下に行うこととし、当社はこれに係わる一切の責任を負うものではありません。
* 当サイトに記載されている情報の著作権は当社に帰属します。当該情報の無断での使用(転用・複製等)を禁じます。