スマートフォン版を表示

2018年10月29日

動の株式と静のJ-REIT

10月22日週のマーケット概観

(写真/iStock)

マーケット全般

10月22日週の市場環境を振り返ると、米国ハイテク株の値下がりや中国の景気減速懸念に引きずられる形で日本株市場も大きく値を下げた。
これとは対照的に底堅い展開を続けたのがJ-REIT市場である。
両者の差は値動きの荒さを示すヒストリカル・ボラティリティ(年率)に歴然と表れており、22日~26日のTOPIXでは約22.5%となる一方、東証J-REIT指数は約5.4%という低水準。
10月1日~26日の数字で見てもTOPIXの約20.5%に対して東証J-REIT指数は約8.3%となっており、動の株式と静のJ-REITという構図が鮮明となっている。
J-REIT市場の今後については、「日銀が長期金利の変動幅を上下0.2%を超える範囲まで許容するのではないか」という声も出ており、J-REITの借入金利負担、分配金と長期国債との利回り格差に影響が及んでくる可能性はあるものの、J-REITの業績が堅調な内需に支えられていること、そして増配を背景とした4%超の分配金利回り(J-REIT全銘柄平均値)を考えれば、目先は資金の逃避先として安定した値動きが続くものとみられる。

J-REIT市場

そのJ-REIT市場だが、10月22日週で活発に取引されたのは以下の銘柄であった(出来高の多い順に上位10銘柄を提示)。

コード 名称 出来高(口) 分配金利回り(26日時点) 投資対象
3298 インベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人 150,164 5.30% オフィス
8963 インヴィンシブル投資法人 107,941 7.24% 総合
3295 ヒューリックリート投資法人 69,879 4.21% 総合
3281 GLP投資法人 56,893 4.59% 物流
8985 ジャパン・ホテル・リート投資法人 45,754 4.89% ホテル
3476 投資法人みらい 36,311 6.17% 総合
3309 積水ハウス・リート投資法人 29,271 4.22% 総合
8960 ユナイテッド・アーバン投資法人 28,199 4.08% 総合
3462 野村不動産マスターファンド投資法人 26,976 4.24% 総合

投資対象については総合型が8銘柄入って存在感を示している。
分配金利回りについては26日終値時点で10銘柄全てで4%を超えてはいるものの、分配金利回りが7%を超えているインヴィンシブル投資法人を押さえてインベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人(分配金利回り5.30%)がトップに立っているように、分配金利回りの高さと取引の活発さは必ずしも一致するわけではないようだ。

  • PR

  • PR

決算発表動画
物件取得価格ランキング
1 六本木ヒルズ森タワー 1,154億円
2 東京汐留ビルディング 1,100億円
3 汐留ビルディング 1,069億円
4 北の丸スクエア 816億円
5 汐留ビルディング 716億円
株価値上り率ランキング
1 大和証券オフィス +2.27%
2 日本プライム +2.21%
3 森トラストホテル +2.19%
* 当サイトはJ-REIT(不動産投資信託)の情報提供を目的としており、投資勧誘を目的としておりません。
* 当サイトの情報には万全を期しておりますがその内容を保証するものではなくまた予告なしに内容が変わる(変更・削除)することがあります。
* 当サイトの情報については、利用者の責任の下に行うこととし、当社はこれに係わる一切の責任を負うものではありません。
* 当サイトに記載されている情報の著作権は当社に帰属します。当該情報の無断での使用(転用・複製等)を禁じます。