スマートフォン版を表示

2019年05月08日

関電不動産開発、私募REITを新設

4月後半のニュース概観

(写真/iStock)

4月18日、関電不動産開発株式会社が子会社関電不動産投資顧問株式会社による私募REIT「関電プライベートリート投資法人」の設立を発表した(以下、それぞれ関電不動産開発、関電不動産投資顧問)。
発表によると、同投資法人は様々な用途を投資対象とする総合型私募REITとして今年7月から資産規模200億円前後で運用を開始する予定だという。
またスポンサーとなる関電不動産開発が関西電力グループの一角として関西地方を主要事業基盤としていることを反映し、同投資法人のポートフォリオも関西圏の物件中心に構築される見通し(ただし、関西圏物件に特化するわけではなく、東京やその他地方政令指定都市等の物件も一定程度の取得を想定している)。
なお関電不動産開発はかつてJ-REIT「MIDリート投資法人」のスポンサーであったが、産業ファンド投資法人や日本リテールファンド投資法人の資産運用会社である三菱商事・ユービーエス・リアルティ株式会社にその座を譲り(それにあわせてMIDリート投資法人もMCUBS MidCity投資法人に改称)、現在はJ-REITの運用に関与していない。

4月26日、三井不動産株式会社(以下、三井不動産)が海外での物流施設事業展開を発表した。
同社初の海外物流施設事業となるのはタイ・バンコクにおける物流施設2件の開発で、現地企業と共同で53億タイバーツ(185億円相当)を投じて開発を進めていくという。
開発物件1件目の所在地となるバンパコンはバンコク東部の東部経済回廊エリアに属し、高速道の他にスワンナプーム空港やレムチャバン港へのアクセスに便利な立地。
開発物件2件目の所在地となるワンノイはバンコク北部に位置し、陸路によるベトナムやラオス、ミャンマーへのアクセスが容易な立地。
ASEAN諸国の中でもタイはバンコク圏を中心に日本企業の進出・集積が進んでいる国であり、三井不動産は今回の開発案件を手始めとして海外に展開する日本企業の旺盛な物流需要を取り込んでいく考え。
なお三井不動産がスポンサーを務めるJ-REIT「三井不動産ロジスティクスパーク投資法人」は規約で海外不動産も取得可能としており、同投資法人の中長期的な外部成長戦略との関連からも三井不動産の海外での物流施設事業がどれだけストックを積み上げていくかに注目したい。

  • PR

  • PR

決算発表動画
物件取得価格ランキング
1 六本木ヒルズ森タワー 1,154億円
2 東京汐留ビルディング 1,100億円
3 汐留ビルディング 1,069億円
4 北の丸スクエア 816億円
5 ガーデンシティ品川御殿山 720億円
株価値上り率ランキング
1 インヴィンシブル +2.96%
2 三井不ロジ +2.31%
3 ヒューリックリート +1.26%
* 当サイトはJ-REIT(不動産投資信託)の情報提供を目的としており、投資勧誘を目的としておりません。
* 当サイトの情報には万全を期しておりますがその内容を保証するものではなくまた予告なしに内容が変わる(変更・削除)することがあります。
* 当サイトの情報については、利用者の責任の下に行うこととし、当社はこれに係わる一切の責任を負うものではありません。
* 当サイトに記載されている情報の著作権は当社に帰属します。当該情報の無断での使用(転用・複製等)を禁じます。
[modified] => 2018-09-18 15:29:41