スマートフォン版を表示

2021年09月15日

決算情報拾い読み 日本ロジスティクファンド投資法人

2021年7月期(第32期)決算説明会資料

今回取り上げるのは、2021年9月14日に開示された日本ロジスティクファンド投資法人(以下JLF)の32期(2021年7月期)決算資料です。
資産運用会社は、三井物産株式会社系列の三井物産ロジスティクス・パートナーズ株式会社にて、我が国初の「物流特化型REIT」として2005年5月に上場しております。

 

ポートフォリオ投資方針等

ポートフォリオ戦略等

JLFは物流施設に特化したREITにて、投資エリア及びその投資比率は、首都圏(50~70%)、近畿・中部・九州(30~50%)、その他(5~10%)と定めている。

第32期のトピックス

1.投資環境

物流施設の賃貸市場では、巣ごもり消費を背景にEコマース市場の拡大が加速しており、Eコマース関連企業は拠点増設の動きを積極化させている。また、物流会社も通販事業の拡大を目指すメーカーや、物流の効率化を図る企業の拡張ニーズを獲得していることから、物流施設への需要は堅調に推移している。新規施設供給が継続しているものの、大規模施設に対するニーズが需要を牽引し、結果として空室率は引き続き低位で推移している。

2. 外部成長

2021年3月に「愛西物流センター」(取得価格21.5億円)を取得。
当期末(2021年7月31日)時点で合計50物件・取得価格の総額2,716億円の不動産等を運用している。

3. 内部成長

本投資法人では1口当たり分配金と1口当たりNAVの安定と持続的な成長を達成するための戦略である「ACTIVE Asset Management」を通じ、長期的なキャッシュ・フローの安定性に注目したポートフォリオマネジメントを推進している。 今期はこのACTIVE Asset Managementの一環として取り組んだ、千葉北物流センターのリニューアル工事が完了し、大幅な賃料増額でリース契約を締結した。その他、「OBR(Own Book Redevelopment)」実施中の浦安物流センターにおいては、竣工前でのテナントリーシングが完了し、複数の既存物件においても賃料増額での再契約を予定しており、力強い内部成長を実現している。

4. 資金調達の概要

当期は、2021年2月に返済期限を迎えた長期借入金90億円について、長期借入金70億円の借入れ及び本投資法人初となるグリーンボンド20億円の発行によるリファイナンスを行い、返済期限の分散化と平均借入期間の長期化を図った。

これにより、当期末時点での有利子負債総額は1,147億円、LTVは44.2%となっており、引き続き安定的な財務運営を行っている。

 

主要指標(決算説明会資料より抜粋)

日本ロジスティクファンド投資法人決算説明会拾い読み

日本ロジスティクファンド投資法人決算説明会拾い読み

日本ロジスティクファンド投資法人決算説明会拾い読み

 

  • PR

  • PR

決算発表動画
物件取得価格ランキング
1 新宿三井ビルディング 1,700億円
2 六本木ヒルズ森タワー 1,154億円
3 汐留ビルディング 1,069億円
4 東京汐留ビルディング 974億円
5 北の丸スクエア 816億円
株価値上り率ランキング
1 GLP +2.83%
2 ヘルスケア&メディカル +2.66%
3 CREロジ +2.62%
* 当サイトはJ-REIT(不動産投資信託)の情報提供を目的としており、投資勧誘を目的としておりません。
* 当サイトの情報には万全を期しておりますがその内容を保証するものではなくまた予告なしに内容が変わる(変更・削除)することがあります。
* 当サイトの情報については、利用者の責任の下に行うこととし、当社はこれに係わる一切の責任を負うものではありません。
* 当サイトに記載されている情報の著作権は当社に帰属します。当該情報の無断での使用(転用・複製等)を禁じます。