スマートフォン版を表示

2021年09月22日

決算情報拾い読み 伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人

2021年7月期(第6期)決算説明資料

今回取り上げるのは、2021年9月15日に開示された伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(以下IAL)の6期(2021年7月期)決算説明資料です。
資産運用会社は、伊藤忠商事株式会社グループが出資する伊藤忠リート・マネジメント株式会社にて、IALは2018年9月に上場しております。

 

ポートフォリオ投資方針等

ポートフォリオ戦略等

IALは物流不動産(投資比率80%以上)を主体として、物流不動産以外の工場、データセンター、通信施設、研究施設、供給処理施設、再生可能エネルギー関連施設等、主として事業活動の拠点又は基盤の用に供され、又は供されることが可能なもの(投資比率20%以下)にも投資する。

地域別投資比率では、「関東エリア」(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県)と「関西エリア」(大阪府、京都府、兵庫県、奈良県及 滋賀県)に70%以上、その他エリア(海外を含む)30%以下と謳っている。

第6期のトピックス

1.投資環境

物流不動産賃貸市場は、足元での電子商取引(EC)市場の拡大を受け、生活に必要なインフラとして引き続き需要増が予想されている。不動産売買取引市場においても、物流不動産に対する需要はJ-REIT、私募リート、私募ファンド等による投資姿勢の継続を背景に今後も堅調に推移すると予想される。

2. 外部成長

当期(2021年7月期)において、2021年4月1日付でアイミッションズパーク 東京足立及びアイミッションズパーク三芳を取得した(計2物件、取得価格合計132.35億円)。

その結果、当期末の保有件数は12物件(取得価格合計1,114.22億円)、保有資産全体の稼働率は、99.9%と良好な稼働状況を維持している。

3. 内部成長(決算説明資料より抜粋)

伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人決算説明会拾い読み

4. 資金調達の概要

当期においては、新規2物件の取得資金及び関連費用の支払いの一部等に充当することを目的として、2021年4月1日付で130.83億円(短期借入金4.33億円、長期借入金126.5億円)の借入れを行った。さらに、同年5月31日付で、消費税還付金及び手元資金を原資として、2020年11月20日の物件取得時に借り入れた長期借入金7.3億円の期限前弁済を行った。

その結果、当期末時点の有利子負債残高は477.23億円、LTVは41.2%となった。

 

主要指標(決算説明資料より抜粋)

伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人決算説明会拾い読み

伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人決算説明会拾い読み

伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人決算説明会拾い読み

 

  • PR

  • PR

決算発表動画
物件取得価格ランキング
1 新宿三井ビルディング 1,700億円
2 六本木ヒルズ森タワー 1,154億円
3 汐留ビルディング 1,069億円
4 東京汐留ビルディング 974億円
5 北の丸スクエア 816億円
株価値上り率ランキング
1 アドバンス・レジ +2.30%
2 日本ビルファンド +1.94%
3 森トラストホテル +1.94%
* 当サイトはJ-REIT(不動産投資信託)の情報提供を目的としており、投資勧誘を目的としておりません。
* 当サイトの情報には万全を期しておりますがその内容を保証するものではなくまた予告なしに内容が変わる(変更・削除)することがあります。
* 当サイトの情報については、利用者の責任の下に行うこととし、当社はこれに係わる一切の責任を負うものではありません。
* 当サイトに記載されている情報の著作権は当社に帰属します。当該情報の無断での使用(転用・複製等)を禁じます。