スマートフォン版を表示

2022年09月16日

決算情報拾い読み アドバンス・レジデンス投資法人

2022年7月期(第24期)決算説明資料

今回取り上げるのは、2022年9月14日に開示されたアドバンス・レジデンス投資法人(以下ADR)の24期(2022年7月期)決算説明資料です。
資産運用会社は、伊藤忠商事グループが株主であるADインベストメント・マネジメント株式会社にて、ADRは日本レジデンシャル投資法人と旧アドバンス・レジデンス投資法人が、2010年3月1日付で新設合併し誕生しました。

 

ポートフォリオ投資方針等

ポートフォリオ戦略等(決算説明資料より抜粋)
投資クライテリアと立地

アドバンス・レジデンス投資法人 決算説明会拾い読み

 

第24期のトピックス

1.投資環境

不動産売買市場
優良な賃貸住宅については、引き続き安定的な投資対象としての位置づけに変わりはない。また、国内不動産の利回りは相対的に高く、海外投資家の需要が旺盛であることから、不動産価格は引き続き高値圏で推移するものと思われるが、金融資本市場や投資家の動向を慎重に見極める必要がある。

賃貸住宅市場
本投資法人の運用資産においては、ウィズコロナの進展に伴いリーシング活動は正常化し、稼働率及び賃料は安定的に推移している。一方、今後もテレワーク普及に伴うニーズの変化や東京23区中心部から郊外への移動があることは一定程度想定される。特に、東京への人口流入数がコロナ禍以前の水準には未だ戻っておらず、単身者向けのシングルタイプの需要については、注視していく必要がある。

 

2. 外部成長

当期においては、『レジディア文京小石川(取得価格:6.94億円)』、『レジディア世田谷若林(取得価格:11億円)』、『レジディア神田淡路町(取得価格:14.9億円)』、『レジディア荻窪Ⅲ(取得価格:23.88億円)』、『レジディア博多東(取得価格:8.45億円)』の5物件(取得価格総額65.17億円)を取得。

当期末現在における保有物件数と資産規模はそれぞれ277物件、4,687億円(取得価格合計)であり、住宅系 J-REIT最大となっている。

 

3. 内部成長

- 高稼働率を維持 -
本投資法人の資産運用会社である伊藤忠リート・マネジメント株式会社がプロパティ・マネジメント会社と適切に協働して管理運営に努めた結果、当期の期中平均稼働率は96.7%(前年同期比+0.8pt)になった。稼働率については、コロナ禍以前の水準まで回復している。 東京23区のシングルタイプの条件緩和は継続する一方、都心部を含めファミリータイプについては引き続き底堅い需要があり、新規契約賃料においては例年と同水準で引き上げることができた。結果、入替時賃料変動率は+1.5%(前期比+2.2pt)と前期のマイナスからプラスに改善した。

- バリューアップ工事実施による競争力強化を促進 -
本投資法人では、計画的に大規模修繕工事を実施し、保有物件の機能維持・意匠の改善を図っている。加えて、大規模修繕工事を行った物件を中心に、個別住戸についても設備更新や間取り変更等を伴うバリューアップ工事をテナント入替時に実施することで、競争力の維持・向上に努めている。大規模修繕工事は、当期8件(工事金額税込 11.34億円)実施した。また、バリューアップ工事については、計49件(工事金額税抜 2.05億円)実施することができた。

当期バリューアップ工事を実施した住戸のうち、2022年7月31日までに新たな賃貸借契約が締結された24戸 では、前契約賃料に対して、賃料を平均24.8%引き上げることができ、従前同様、バリューアップ工事が効果的に内部成長に寄与した。本投資法人は、今後もこのような取組みを通じて、物件競争力の更なる強化を進めていく。

 

4. 資金調達の概要

本投資法人の財務戦略の基本方針は、有利子負債の調達金利の低減と残存年数の長期化、金利の固定化、返済期日の分散化である。当期は、総額184億円(平均支払金利0.58%、平均調達年数8.6年)の借入れ等を実施した。

これにより当期末現在の平均支払金利は0.59%となり、前期の0.61%から支払金利の低減を実現した。また、残存年数は5.0年から5.1年に長期化し、財務基盤の一層の強化を図ることができた。

 

主要指標(決算説明資料より抜粋)

アドバンス・レジデンス投資法人 決算説明会拾い読み

アドバンス・レジデンス投資法人 決算説明会拾い読み

アドバンス・レジデンス投資法人 決算説明会拾い読み

  • PR

  • PR

決算発表動画
物件取得価格ランキング
1 新宿三井ビルディング 1,700億円
2 六本木ヒルズ森タワー 1,154億円
3 飯田橋グラン・ブルーム 1,135億円
4 汐留ビルディング 1,069億円
5 東京汐留ビルディング 825億円
株価値上り率ランキング
1 いちごホテル +2.16%
2 森トラストホテル +1.28%
3 スターアジア +1.25%
* 当サイトはJ-REIT(不動産投資信託)の情報提供を目的としており、投資勧誘を目的としておりません。
* 当サイトの情報には万全を期しておりますがその内容を保証するものではなくまた予告なしに内容が変わる(変更・削除)することがあります。
* 当サイトの情報については、利用者の責任の下に行うこととし、当社はこれに係わる一切の責任を負うものではありません。
* 当サイトに記載されている情報の著作権は当社に帰属します。当該情報の無断での使用(転用・複製等)を禁じます。