スマートフォン版を表示

2023年08月01日

「REITキーマンに聞く!」タカラPAG不動産投資顧問株式会社 代表取締役社長 宰田 哲男氏

今回は、タカラPAG不動産投資顧問株式会社 代表取締役社長 宰田 哲男氏に業界動向やタカラレーベン不動産投資法人の特徴に関してインタビュー形式でお話をしていただきました。

タカラPAG不動産投資顧問株式会社 宰田 哲男氏

第3部:成長戦略について

――外部成長戦略について

スポンサーからの物件拠出に加え、運用会社独自ルートによるソーシングにより、物件パイプラインは豊富です。本投資法人は他リートと比しても、成長力のあるリートであると自負しております。現状でもパイプライン物件の取得タイミングの調整弁としてブリッジファンドを活用した優先交渉権を確保している物件は相当数あり、資金調達環境が良好なタイミングに適時適切に取得していきます。

 

――内部成長戦略について

これまでもMIRARTHホールディングスから取得した住宅物件を中心に、新規・継続賃料の増額改定を積極的に実施しており、一定の成果をあげています。また、賃料改定以外でも、高い稼働率を裏付けとして、これまで取っていなかった礼金収入などを得ていくことも取り組んでいます。
オフィスについては、まだ賃料ギャップのあるテナントもいますが、現状のオフィス賃貸マーケットの状況も見ながらタイミングをみて仕掛けていきたいと考えています。
また、保有物件の内、名古屋のホテルは100%GOP連動賃料となっており、現時点でもまだアップサイドがある状況ですので、オペレーターと協働し賃料の拡大を図りたいと思っています。

 

――増資を行う上で重視している点について

本投資法人の課題として、資産規模が小さく時価総額が小さいことがあげられます。その為投資口の流動性を高め、主要な機関投資家の投資対象となる必要があると考えています。
直近のPOではNAV(BPU1倍)割れの増資を行いましたが、手元資金を活用し、エクイティサイズを出来るだけ抑え、一方で巡航分配金を成長させています。もちろんNAVやBPUは意識をして増資を検討したいと思いますが、投資主価値向上につながると判断できる増資機会を捉えて積極的な成長を目指していきたいと考えています。

 

1|2|3|4
  • PR

  • PR

決算発表動画
物件取得価格ランキング
1 新宿三井ビルディング 1,700億円
2 飯田橋グラン・ブルーム 1,389億円
3 六本木ヒルズ森タワー 1,154億円
4 汐留ビルディング 1,069億円
5 東京汐留ビルディング 825億円
株価値上り率ランキング
1 日本都市ファンド +1.72%
2 日本ホテル&レジデンシャル +1.69%
3 GLP +1.60%
* 当サイトはJ-REIT(不動産投資信託)の情報提供を目的としており、投資勧誘を目的としておりません。
* 当サイトの情報には万全を期しておりますがその内容を保証するものではなくまた予告なしに内容が変わる(変更・削除)することがあります。
* 当サイトの情報については、利用者の責任の下に行うこととし、当社はこれに係わる一切の責任を負うものではありません。
* 当サイトに記載されている情報の著作権は当社に帰属します。当該情報の無断での使用(転用・複製等)を禁じます。