スマートフォン版を表示

グローバル・ワン不動産投資法人 (8958)

J-REIT銘柄情報

8958 グローバル・ワン不動産投資法人

グローバル・ワン不動産投資法人が第33期決算を発表、1口当たり実績分配金は2,359円

(2020/05/19)

グローバル・ワン不動産投資法人が、第33期(2020年3月期)決算を発表した。 第33期における物件取得はなし。旗艦物件であるTK南青山ビルの主要テナント入替えにより、楽天株式会社と10年間の定期賃貸借契約を締結。賃料水準は従来より15%上昇する。第33期は、前テナントの解約金収入が発生する一方、入替えに伴う減収や前期の物件売却益の反動減により、前期比13%減益。1口当たり分配金は2,359円と、物件売却益の内部留保を行った前期に対し3.3%減となった。 期末のポートフォリオは11物件、資産規模(取得額合計)は1,911億円、有利子負債比率は47.1%。 第34期(2020年9月期)は、前期に発生した解約金収入がなくなるが、フリーレントの終了、既存物件の賃料増額、修繕費等の減少により、前期比1.8%増益を見込み、1口当たり分配金は2,400円となる見通し。 第35期(2021年3月期)は、豊洲プライムスクエアでテナント退去が発生する一方、賃料増額、フリーレントの終了、外部委託料や支払利息減少により、1口当たり分配金は2,400円と前期予想と同額を見込む。 なお、新型コロナウイルスによる影響として、保有物件のうち6物件に飲食店を中心とした店舗44件(ポートフォリオ全体の賃料収入に占める割合は3%程度)が存在し、そのうち22件より賃料減額要請を受けている。テナントの売上状況や仮に退店した場合の新たなテナント確保のリスクを勘案し、個別に対応する。業績予想には一定の減収リスクを織り込み済。

                                                                        
  第33期実績 第34期予想 前期比 第35期予想 前期比
営業収益 5,859百万円 5,748百万円 ▲1.9% 5,688百万円 ▲1.0%
当期利益 2,269百万円 2,309百万円 1.8% 2,309百万円 0.0%
1口当たり分配金 2,359円 2,400円 1.7% 2,400円 0.0%

グローバル・ワン不動産投資法人の記事を最新5件
2019/11/14
グローバル・ワン不動産投資法人が第32期決算を発表、1口当たり実績分配金は2,440円
2019/05/20
グローバル・ワン不動産投資法人が第31期決算を発表、1口当たり実績分配金は2,192円
2019/04/01
グローバル・ワン不動産投資法人が投資口の追加発行、ヒューリック豊洲プライムスクエアを取得、銀座ファーストビルを売却
2018/11/14
グローバル・ワン不動産投資法人が第30期決算を発表、1口当たり実績分配金は2,136円
2018/05/16
グローバル・ワン不動産投資法人が第29期決算を発表、1口当たり実績分配金は8,164円
  • PR

  • PR

What's New
2020/10/16  
マーケットコラム「2020年度下期のJ-REIT価格下落シナリオとは」
2020/10/16  
J-REIT個人投資家アンケート調査を開始、投資家の皆様のご協力をお願いします
2020/10/14  
J-REIT市況月次レポート 2020年9月
2020/10/09  
J-REIT NOW!PRO(メール通知サービス)が復旧致しました。ご不便をお掛けしましたことお詫び申し上げます。
2020/09/25
マーケットコラム「2020年度下期のJ-REIT価格の見通しは?」
決算発表動画
物件取得価格ランキング
1 六本木ヒルズ森タワー 1,154億円
2 東京汐留ビルディング 1,100億円
3 汐留ビルディング 1,069億円
4 北の丸スクエア 816億円
5 ガーデンシティ品川御殿山 720億円
株価値上り率ランキング
1 ケネディクス商業 +2.25%
2 伊藤忠アドバンス・ロジ +1.86%
3 サンケイリアル +1.85%
* 当サイトはJ-REIT(不動産投資信託)の情報提供を目的としており、投資勧誘を目的としておりません。
* 当サイトの情報には万全を期しておりますがその内容を保証するものではなくまた予告なしに内容が変わる(変更・削除)することがあります。
* 当サイトの情報については、利用者の責任の下に行うこととし、当社はこれに係わる一切の責任を負うものではありません。
* 当サイトに記載されている情報の著作権は当社に帰属します。当該情報の無断での使用(転用・複製等)を禁じます。