スマートフォン版を表示

KDX不動産投資法人 (8972)

J-REIT銘柄情報

8972 KDX不動産投資法人

ケネディクス・オフィス投資法人、ケネディクス・レジデンシャル・ネクスト投資法人、ケネディクス商業リート投資法人が合併契約を締結

(2023/06/13)

ケネディクス不動産投資顧問が資産運用会社を務める、ケネディクス・オフィス投資法人(KDO)、ケネディクス・レジデンシャル・ネクスト投資法人(KDR)、ケネディクス商業リート投資法人(KRR)の3銘柄が、11月1日に合併することを発表した。 KDOが存続し、KDRとKRRを吸収合併し、「KDX不動産投資法人」に名称を変更する。それぞれの投資主総会における承認を経て、KDRとKRRは10月30日に上場廃止となる予定。 合併比率はKDO:KDR=1:0.67、KDO:KRR=1:0.84。合併時にKDOの投資口を2分割するため、KDRの1口に対し分割後のKDOの投資口1.34を、KRRの1口に対し分割後のKDOの投資口1.68をそれぞれ割り当てる。 ケネディクスは用途毎にREITを立ち上げそれぞれ運用してきたが、オフィスの大量供給による先行き懸念、NAV倍率が1倍を下回り増資を伴う外部成長が難しいこと、金利上昇や水光熱費増加等の懸念等を背景に、3銘柄ともに持続的な成長が難しい環境であることが、合併に至る背景となった。 合併後は従来の特化型REITのそれぞれ投資対象であった、中規模オフィス、住宅、ヘルスケア施設、生活密着型商業施設を中心としながら、物流施設やホテルも投資対象に含む。 合併時の資産規模は1兆1,498億円となり、J-REIT全体で3番目に大きい銘柄となる予定。 合併後は、ポートフォリオの入替え、用途変更及びリノベーションによる収益のアップサイドを狙うとともに、ケネディクスのパイプラインを活用し、資産規模1兆5,000億円を目指す。 これらに伴い、合併後となる第38期(2024年4月期)業績予想を発表した。合併に伴う負ののれんを25,281百万円と試算し、当期利益39,183百万円、1口当たり分配金は3,800円(分割前換算7,600円)となる見通し。 その後は物件売却益やコスト削減効果、内部留保を活用し、1口当たり巡航分配金4,000円を目指す。

   
  第38期予想
営業収益 38,752百万円
経常利益 13,902百万円
当期利益 39,183百万円
分配金総額 15,743百万円
1口当たり分配金 3,800円

KDX不動産投資法人の記事を最新5件
2024/06/18
KDX不動産投資法人が第38期決算、物件入替えを発表
2024/05/23
KDX不動産投資法人がコーナン新市店(底地)を取得
2024/03/22
KDX不動産投資法人が自己投資口の取得を発表
2024/03/08
KDX不動産投資法人がイーアス春日井を追加取得
2024/02/29
KDX不動産投資法人がKDXレジデンス池袋要町とKDX広島呉配送センターを取得
  • PR

  • PR

決算発表動画
物件取得価格ランキング
1 新宿三井ビルディング 1,700億円
2 飯田橋グラン・ブルーム 1,389億円
3 六本木ヒルズ森タワー 1,154億円
4 汐留ビルディング 1,069億円
5 東京汐留ビルディング 825億円
株価値上り率ランキング
1 CREロジ +2.20%
2 大和証券オフィス +2.09%
3 オリックス不動産 +2.04%
* 当サイトはJ-REIT(不動産投資信託)の情報提供を目的としており、投資勧誘を目的としておりません。
* 当サイトの情報には万全を期しておりますがその内容を保証するものではなくまた予告なしに内容が変わる(変更・削除)することがあります。
* 当サイトの情報については、利用者の責任の下に行うこととし、当社はこれに係わる一切の責任を負うものではありません。
* 当サイトに記載されている情報の著作権は当社に帰属します。当該情報の無断での使用(転用・複製等)を禁じます。