私募REITにおける機関投資家動向と組成におけるポイント

今回のセミナー募集に際しては、たくさんの方々からご応募をいただきありがとうございました。
定員になりましたので、募集を締め切りました事をお知らせします。

私募REITにおける機関投資家動向と組成のポイント

現在注目されている新たなファンド形態としての私募REITに対する年金投資家の考え方を、機関投資家へのアンケート(協力:年金・機関投資家向け運用情報誌オル・イン)とゲートキーパーへのヒアリングなどを元に調査した結果をご紹介いたします。
また、組成後の運用などの留意点などを含めて私募REITのシステムベンダーである弊社の立場からどのような準備、体制が必要かをご紹介させて頂きます。

※大変恐れ入りますが、本セミナーは、企業様を対象とさせていただいております。

セミナーの主な内容

『アンケートから見る私募REITにおける機関投資家動向と留意点』

機関投資家から見た私募REITの見方ポイント
・ポートフォリオは?保有期間は?LTVは?鑑定に対する考え方は?
・投資しない理由は何か?
・ヘルスケアアセットを私募REITとしてどう考える?
・ゲートキーパーの考え方と主要な投資プレイヤーは?
参考資料
・主要な投資家の一覧
・AMフィーについて 等
『私募REITにおける運用体制構築とシステム開発』
・私募REITの特徴
・組成後の運用スケジュールについて
・必要とされるシステムとそのポイント 等

講師

『アンケートから見る私募REITにおける機関投資家動向と留意点』
Japan REIT 株式会社 代表取締役 東間 大
(株)長谷工コーポレーションに入社、集合住宅の企画設計、実施設計を担当。2000年12月にWEB業界に転身し、複数のネットベンチャー企業にて新規事業開発・eコマース・eビジネスのプロデュース・コンサルティングに従事。2004年06月にJAPAN-REIT.COMを立ち上げる。2013年7月よりJapan REIT 株式会社代表。
『私募REITにおける運用体制構築とシステム開発』
Japan REIT 株式会社 取締役 門田 将之
WEBコンサルタントとして新規事業開拓やWEBサイト構築業務に従事。有価証券報告書や決算短信など法定開示資料を取り扱うデータベースサービスや、上場企業のIRサイトをASPで提供するサービスを立ち上げる。2010年より株式会社a2mediaにて不動産金融事業に従事し、開発・ディレクションチームを率いる。
2013年7月よりJapan REIT 株式会社取締役。

セミナー内容

日時 2014/1/30(木曜日)13:30-15:30(13:00受付開始)
会場 東京都港区新橋1-1-1 日比谷ビルディング3F カンファレンスルーム3A
アクセスMAPはこちら
定員 30名 満員
参加費 無料(事前のお申込みが必要となります)
主催 Japan REIT 株式会社
協力 株式会社 想研 オル・イン
  • PR

  • PR

決算発表動画
物件取得価格ランキング
1 新宿マインズタワー 1,338億円
2 六本木ヒルズ森タワー 1,154億円
3 東京汐留ビルディング 1,100億円
4 汐留ビルディング 1,069億円
5 北の丸スクエア 816億円
株価値上り率ランキング
1 グローバル・ワン +1.15%
2 野村不動産マスター +1.05%
3 積水ハウス・レジ +0.81%
* 当サイトはJ-REIT(不動産投資信託)の情報提供を目的としており、投資勧誘を目的としておりません。
* 当サイトの情報には万全を期しておりますがその内容を保証するものではなくまた予告なしに内容が変わる(変更・削除)することがあります。
* 当サイトの情報については、利用者の責任の下に行うこととし、当社はこれに係わる一切の責任を負うものではありません。
* 当サイトに記載されている情報の著作権は当社に帰属します。当該情報の無断での使用(転用・複製等)を禁じます。