不動産ファイナンスを活用したCRE戦略の新潮流 ~私募REITという選択~

今回のセミナー募集に際しては、たくさんの方々からご応募をいただきありがとうございました。
募集を締め切りました事をお知らせします。

財務・経営企画担当者にとって、新たな成長戦略、オフバランス、コストダウン、グローバル展開など経営課題が尽きることはありません。保有不動産・遊休不動産の活用について一度は検討したことがあるのではないかと思います。単純な不動産売却によって一時的に収益を得るだけではなく、継続的に利益を確保していくような手法を実践する企業も増え、選択肢は多様化しつつあります。本セミナーでは河西孝行氏(三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社 投資銀行本部 マネージングディレクター)をお招きし、不動産ファイナンスを活用したCRE戦略の新潮流を解説頂きます。

※大変恐れ入りますが、本セミナーは、企業様を対象とさせていただいております。

セミナーの主な内容

不動産ファイナンスとは?オフバランスにも種類があります。単純売却、セール&リースバック(S&L)、資産運用会社としてファンド運用(私募ファンド、上場REIT、私募REIT)。企業価値向上のためのCRE戦略で適正な手法を選択できますか?

CRE戦略における不動産ファイナンス手法
新たな選択肢としての 私募REIT
投資家動向

講師

河西 孝行(かわにし たかゆき)

三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社 投資銀行本部 不動産グループ マネージング・ディレクター

1993年 株式会社東京銀行(現 株式会社三菱東京UFJ銀行)入行。2000年5月より東京三菱証券株式会社(現三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社)に出向。

2003年6月より不動産ファイナンス業務を担当し、オフィスビル、マンション(分譲・賃貸)、シティホテル、ビジネスホテル、コンビニエンスストア店舗、データセンター、商業施設など 多様なアセットの証券化を手掛ける。

2010年以降は主に私募REIT業務に注力し、これまで複数銘柄の組成・販売支援を行い、市場拡大に貢献。 またCREの観点から事業会社向けに不動産ファイナンス手法を用いた資金調達の提案活動も行う。

セミナー内容

日時 2015/7/8(水曜日)14:00-16:00(13:30受付開始)
会場 東京都千代田区大手町1-3-7 日経大手町セミナールーム
アクセスMAPはこちら
定員 20名 ※お申込者数によっては抽選になることがございます。
参加費 無料(事前のお申込みが必要となります)
主催 Japan REIT 株式会社
  • PR

  • PR

決算発表動画
物件取得価格ランキング
1 新宿マインズタワー 1,338億円
2 六本木ヒルズ森タワー 1,154億円
3 東京汐留ビルディング 1,100億円
4 汐留ビルディング 964億円
5 北の丸スクエア 816億円
株価値上り率ランキング
1 MidCity +2.14%
2 Oneリート +1.55%
3 日本プロロジス +1.25%
* 当サイトはJ-REIT(不動産投資信託)の情報提供を目的としており、投資勧誘を目的としておりません。
* 当サイトの情報には万全を期しておりますがその内容を保証するものではなくまた予告なしに内容が変わる(変更・削除)することがあります。
* 当サイトの情報については、利用者の責任の下に行うこととし、当社はこれに係わる一切の責任を負うものではありません。
* 当サイトに記載されている情報の著作権は当社に帰属します。当該情報の無断での使用(転用・複製等)を禁じます。