【オンデマンド有料配信】
J-REIT銘柄分析セミナー <個別銘柄分析と投資環境見通し> 

2022年10月29日に開催しましたセミナー動画を、配信期間中いつでもご視聴出来ます。



本動画は、2022年10月29日に開催致しました「J-REIT銘柄分析セミナー」を収録したものです。
別途送付します資料をご覧頂きながら、セミナー当日と同じように視聴・受講することが出来ます。

   

セミナー概要

セミナー動画 J-REIT銘柄分析セミナー(2022年10月29日収録)
配信期間 2022/11/ 9(水)~2023/ 1/10(火)
再生時間 3時間21分(質疑応答を含む)
講師 関 大介 (アイビー総研株式会社 代表取締役/JAPAN-REIT.COM運営責任者)
対象 個人投資家
受講料(事前振込)
※資料郵送有無によって料金が異なります
オンデマンド配信+資料(メール送付)   :7,700円
オンデマンド配信+資料(メール送付+郵送):8,800円
主催 JAPAN-REIT.COM運営事務局(アイビー総研株式会社 TEL.03-6661-1014)


 J-REIT(不動産投資信託)市場は、創設して21年が経過し、時価総額16兆円、運用資産残高21兆円、上場銘柄数61銘柄と着実に成長しました。不動産賃貸収入を原資とする安定した収益を背景に高い分配金利回りを維持しています。
2022年に入るとオミクロン株の拡大や欧米の金融引締めの動きから、REIT全銘柄の株価指数である東証REIT指数は一時的に1,900ポイントを割り込む場面もありましたが、その後復調しています。
一方、コロナ禍によってREITを取り巻く不動産需給環境、不動産の運用方法及びREITの収益構造には変化が表れています。
リモートワークの浸透によるオフィスや住宅の活用方法の変化、行動抑制に伴うホテルの売上げ低下、REITの不動産売却、内部留保の活用方針等様々な影響が生じています。

今回のセミナーは、REITの不動産運用及び業績はどのように変化するのか、インフレや金利上昇局面におけるREITへの影響、また投資家はどのような考え方を持ってREIT投資をするべきか、投資銘柄の判断基準について、個人投資家の視点からREIT投資を論じます。
更にREIT10銘柄を抽出して投資分析を行います。
Zoomウェビナーを活用したオンラインにてセミナーを開催致します。
講師は、本サイト「JAPAN-REIT.COM」の運営責任者であるアイビー総研 代表取締役 関 大介が務めます。
個人投資家の方々に、この機会にぜひJ-REIT投資に関するご理解を深めて頂けるよう、参加申し込みお待ちしております。


 講師プロフィール


 関 大介

早稲田大学法学部卒業後、不動産会社財務部、外資系生命保険会社経理部、シンクタンクを経て、2001年不動産証券化(REIT及びSPC)に関するポータルサイトを開設。
更に2006年にREITに特化した投資家向けポータルサイト「JAPAN-REIT.COM」の運営を開始。現在は運営事務局の責任者を務める。
2007年不動産証券化コンサルティング、REITの調査分析及び情報提供を行うアイビー総研株式会社を設立し、代表取締役に就任。金融機関や個人投資家等様々な投資家を対象に中立的な立場でREIT投資分析を行う。
著作は「J-REIT最新格付けデータブック」(秀和システム社刊)他。


プログラム


 [Ⅰ] J-REIT投資環境と市場見通し

1)直近のJ-REIT市場分析
  ・東証REIT指数と分配金利回りの推移
  ・用途別の価格と分配金利回りの比較
  ・投資口価格の変動要因分析・投資家属性分析
  ・用途別のREIT業績分析・不動産賃貸収入(外部成長・内部成長)の推移
  ・不動産売却益と内部留保による分配金の構造変化


2)インフレ・金利上昇局面におけるREIT市場の見通しと個人投資家の投資ポイント
  ・今後の不動産市況の見通し(売買市場・賃貸市場)
  ・米国金融政策の見通しとREITへの影響分析
  ・2023年の投資口市況見通しと変動要因分析
  ・今後のREIT業績・分配金の見通し(用途別)
  ・金利上昇局面における注目の投資用途とREIT銘柄


[Ⅱ] J-REIT個別銘柄の投資分析

J-REIT個別銘柄のうち10銘柄について、投資口価格、分配金利回り、資本、財務、ポートフォリオの観点から分析します。
また各銘柄の直近の動向から今後の見通しについて言及します。

投資分析対象の10銘柄 ※( )内は主要な投資用途
----------------------------------------------------------------------------------
8951 日本ビルファンド投資法人(オフィス)
8953 日本都市ファンド投資法人(総合型)
8954 オリックス不動産投資法人(総合型)
8958 グローバル・ワン不動産投資法人(オフィス)
8986 大和証券リビング投資法人(住宅・ヘルスケア)
3287 星野リゾート・リート投資法人(ホテル)
3292 イオンリート投資法人(商業施設)
3466 ラサールロジポート投資法人(物流施設)
3492 タカラレーベン不動産投資法人(総合型)
3493 アドバンス・ロジスティクス投資法人(物流施設)
----------------------------------------------------------------------------------

【配布資料】(A4サイズ)
-----------------------------------------------------------
・第1章(J-REIT投資環境と市場見通し):23ページ
・第2章(個別銘柄分析):40ページ
・J-REIT61銘柄一覧表 :8ページ
-----------------------------------------------------------

申込方法


① 以下の申込ボタンをクリックし、申込フォームに必要事項を入力の上送信ボタンをクリックしてください。

② 受付確認及び受講料のお支払案内のメールが届きますので、メール記載の銀行口座へ受講料をお振込下さい。
   (メールが届かない場合は、御手数ですがアイビー総研(TEL.03-6661-1014)までご連絡下さい)
③ ご入金を確認の上、動画URL及び資料を送付致します。


オンデマンド配信+資料(メール送付)(7,700円)→


 

オンデマンド配信+資料(メール送付+郵送)(8,800円)→



本セミナーに関するお問い合わせ先:


JAPAN-REIT.COM運営事務局(アイビー総研株式会社)
E-mail  info@ibrc.jp
TEL   03-6661-1014

 

  • PR

  • PR

決算発表動画
物件取得価格ランキング
1 新宿三井ビルディング 1,700億円
2 六本木ヒルズ森タワー 1,154億円
3 飯田橋グラン・ブルーム 1,135億円
4 汐留ビルディング 1,069億円
5 東京汐留ビルディング 825億円
株価値上り率ランキング
1 ケネディクス・レジ +2.16%
2 ジャパン・ホテル +1.85%
3 インヴィンシブル +0.90%
* 当サイトはJ-REIT(不動産投資信託)の情報提供を目的としており、投資勧誘を目的としておりません。
* 当サイトの情報には万全を期しておりますがその内容を保証するものではなくまた予告なしに内容が変わる(変更・削除)することがあります。
* 当サイトの情報については、利用者の責任の下に行うこととし、当社はこれに係わる一切の責任を負うものではありません。
* 当サイトに記載されている情報の著作権は当社に帰属します。当該情報の無断での使用(転用・複製等)を禁じます。