スマートフォン版を表示

2016年01月28日

日本リート投資法人の考え方 ~エンジニアリング・マネジメント~ 3/4

物件訪問:双日リートアドバイザーズ株式会社オフィス

――次は執務室エリアへ

まず目に飛び込んでくるのは、会議室エリアでもそうでしたが、むき出しの天井による開放感とスポットライトによる照明となっています。空間の広さがあり、開放感ある執務室となっています。

日本リート投資法人オフィス:執務エリア

日本リート投資法人オフィス:執務エリア

――コラボレーションエリア

このオフィスで特徴的なのは、執務室(Private)と会議室(Public)の間にあるこの部分(コラボレーションエリア)になります。
このスペースは、オフィス内で働く方のコミュニケーションスペースとなっており、情報共有を円滑に行える空間となっています。

日本リート投資法人オフィス:コラボレーションエリア

喫煙スペースは内側に煙を吸っているため、煙を外に出さず、服にも臭いがつきにくいものになっています。また執務室からすぐの場所にあるため、時間短縮や喫煙者がどこにいるのか、長居ができないなどの利点があるそうです。
このような分煙に配慮した提案は、一つのオフィス空間をバリューアップする上で重要なものになるかと思います。

日本リート投資法人オフィス:和室コーナー等

女性社員の方にも話を伺ったところ、和室コーナーが打ち合わせや食事の時に思ったより使われていて社内で人気のスペースとなっているそうです。

1|2|3|4
  • PR

  • PR

決算発表動画
物件取得価格ランキング
1 新宿三井ビルディング 1,700億円
2 六本木ヒルズ森タワー 1,154億円
3 飯田橋グラン・ブルーム 1,135億円
4 汐留ビルディング 1,069億円
5 東京汐留ビルディング 825億円
株価値上り率ランキング
1 ヘルスケア&メディカル +1.44%
2 ジャパンリアル +1.34%
3 産業ファンド +1.28%
* 当サイトはJ-REIT(不動産投資信託)の情報提供を目的としており、投資勧誘を目的としておりません。
* 当サイトの情報には万全を期しておりますがその内容を保証するものではなくまた予告なしに内容が変わる(変更・削除)することがあります。
* 当サイトの情報については、利用者の責任の下に行うこととし、当社はこれに係わる一切の責任を負うものではありません。
* 当サイトに記載されている情報の著作権は当社に帰属します。当該情報の無断での使用(転用・複製等)を禁じます。