スマートフォン版を表示

2017年03月20日

特集!インフラ投資法人「いちごグリーンインフラ投資法人」インタビュー(6)

今回は、いちご投資顧問株式会社 グリーンインフラ本部長 日色 隆善氏にファンドの特長に関してインタビュー形式でお話していただきました。

5.REITとは異なるメリット・デメリットについて

――REITの運営も御社で行っていますが、改めてREITと比較したときのメリット・デメリットはありますでしょうか。

いちご投資顧問では、いちごグリーンが特化型運用商品として3本目の上場となります。
既に上場しているいちごオフィスリート投資法人、いちごホテルリート投資法人は、不動産運用ですから、景気の波が好調であれば収益が上がり易い特徴があります。
一方、いちごグリーンは、固定価格買取制度により景気の良し悪しで収益が変動することはありません。あくまでも天気の日照の良し悪しによって収益が変わるというものになります。
従いまして、一般的にインフラ投資法人をREITと比較しますとデメリットという面では、インフレの局面では、そのメリットを享受できないという側面があり、メリットという面ではデフレには強みを発揮する商品という位置づけになるかと思います。

さらに、投資家の皆様への分配金が経費として認められ、法人税等が課税されない導管性ですが、インフラ投資法人では現状は20年間の限定になっています。REITでは、既に永続的に認められていますが、インフラ投資法人では、現状この「導管性20年問題」がある点はデメリットとなりますが、固定価格買取制度の期間が20年であるため、その間は恩恵を享受できる期間となっています。

――今の状況では20年問題を抱えていますが、REITのほうも導管性というキーワードがあがり解消してきた経緯がありますので、今の時点で確約できませんが、マーケットが大きくなっていくことも含め解消していくのではないのでしょうか。

弊社も含めて業界として導管性の延長に向けて働きかけていきたいと思います。

――インフレに若干弱いとお話いただきましたが、今見えているリスクは、金利上昇でしょうか。

インフレに向かうと金利が上昇するリスクが生じますが、いちごグリーンの場合は、上場時に取得した資産に対する借入金について、10年間の金利を固定化していますので、金利上昇により収益が悪化することはありません。ただし、投資口価格の推移で言いますと、マーケットがインフレを懸念している局面では、相対的な魅力から軟調になる可能性があると考えています。
市場のなかで投資口価格の変動はありますが、長期保有して頂きたいというコンセプトで商品設計していますので、長く保有いただくことで分配金収入を享受いただきたいと考えています。

――いわゆる分配金という部分は変わらないということですね
ただし、他の投資商品との比較としてインフレが強烈に進めば、多少弱いこともあるという程度であるのかなと印象を受けました。

投資家の皆様は、色々な投資により個人でポートフォリオを組まれているものと思いますので、インフレ局面で強みを発揮する商品に併せて、いちごグリーンを保有いただくことで景気変動リスクをヘッジいただけると有り難いですね。

――名前にもなっていますが、「グリーン」という部分で環境に配慮したイメージがあり、そういう部分を応援したいという投資家の方もいると思います。その点でのアピールはありますでしょうか。

わが国は自力でのエネルギー供給態勢が脆弱な状況にあります。また、地球温暖化対策は、全世界の共通課題であり、温室効果ガス削減による低炭素社会の形成が必要です。いちごグリーンでは、輸入エネルギー資源に依存することなく、安全性が高く、温室効果ガスの削減に資する再生可能エネルギー発電設備への投資を通じて、これらの課題解決に貢献したいと考えています。

CO2の削減に関してもホームページで公表して、どのくらい貢献しているかが分かるようになっていますので、社会貢献を感じていただけるのかと思います。

※本日のCO2削減量(いちごグリーン投資法人HPより)
http://www.ichigo-green.co.jp/

――投資家の方に応援していただき、投資口価格もさらに上がっていけば、物件購入やスポンサーの開発も進んでいき、太陽光発電所を増やすことにも繋がりますね。
1|2|3|4|5|6|7|8
  • PR

  • PR

物件取得価格ランキング
1 新宿マインズタワー 1,338億円
2 六本木ヒルズ森タワー 1,154億円
3 東京汐留ビルディング 1,100億円
4 汐留ビルディング 964億円
5 北の丸スクエア 816億円
株価値上り率ランキング
1 三井不ロジ +2.29%
2 福岡リート +1.33%
3 スターアジア +1.24%
* 当サイトはJ-REIT(不動産投資信託)の情報提供を目的としており、投資勧誘を目的としておりません。
* 当サイトの情報には万全を期しておりますがその内容を保証するものではなくまた予告なしに内容が変わる(変更・削除)することがあります。
* 当サイトの情報については、利用者の責任の下に行うこととし、当社はこれに係わる一切の責任を負うものではありません。
* 当サイトに記載されている情報の著作権は当社に帰属します。当該情報の無断での使用(転用・複製等)を禁じます。