スマートフォン版を表示

2023年01月19日

決算情報拾い読み アクティビア・プロパティズ投資法人

2022年11月期(第22期)決算説明資料

今回取り上げるのは、2023年1月17日に開示されたアクティビア・プロパティズ投資法人(以下API)の22期(2022年11月期)決算短信・決算説明資料です。
資産運用会社は、東急不動産株式会社の100%子会社である東急不動産リートマネジメント株式会社にて、APIは2012年6月に上場しております。

 

ポートフォリオ投資方針等

ポートフォリオ戦略(決算説明資料より抜粋)

アクティビア・プロパティズ投資法人 決算説明会拾い読み

 

第22期のトピックス

1.投資環境

商業施設を取り巻く環境については、3年振りに夏場の行動制限が解除されたこともあり、衣料品や服飾雑貨の売上が回復したほか、富裕層を中心とした高額消費も引き続き好調に推移した。

賃貸オフィス市場は、成約賃料は引き続き落傾向にあるものの、テレワークへの移行一巡やオフィス回帰の動きもあり、足元では空室率の上昇傾向に鈍化の兆しがみられる。三鬼商事株式会社が公表した2022年11月末時点の都心5区(千代田区、港区、中央区、渋谷区及び新宿区)の平均空室率は6.38%で、前期末(2022年5月31日)時点との比較では0.01ポイント上昇した。賃料水準については、2020年8月以降28ヶ月連続で下落しており、2022年11月末時点における都心5区の一坪当たり平均賃料は20,081円となった。東京以外の主要都市においても空室率は高い水準にあるが、賃料水準は底入れし、反転に転じる動 きもみられる。

 

2. 外部成長

2022年6月30日に『A-FLAG北心斎橋』(譲渡価格51億円)、2022年11月30日に『ルオーゴ汐留』(分割売却の1回目(全体の20%)・譲渡価格18.2億円)を売却した。
この結果、当期末時点の保有資産合計は47物件(取得価格合計5,480億円)、総賃貸可能面積は429,067.46㎡(129,7091坪)となった。

 

3. 内部成長(決算説明資料より抜粋)

アクティビア・プロパティズ投資法人 決算説明会拾い読み

 

アクティビア・プロパティズ投資法人 決算説明会拾い読み

 

アクティビア・プロパティズ投資法人 決算説明会拾い読み

 

アクティビア・プロパティズ投資法人 決算説明会拾い読み

 

アクティビア・プロパティズ投資法人 決算説明会拾い読み

 

アクティビア・プロパティズ投資法人 決算説明会拾い読み

 

アクティビア・プロパティズ投資法人 決算説明会拾い読み

 

4. 資金調達の概要

当期においては、返済期日が到来した借入金の返済等のため、123億円の借入を行い、引き続き返済期限の分散等による財務基盤の安定性維持に努めた。

この結果、当期末時点における有利子負債残高は2,646億円(借入金2,336億円、投資法人債257億円)となった。また、総資産に占めるLTVについては、当期末時点で46.4%、長期比率99.6%、固定金利比率97.9%となった。

 

主要指標(決算説明資料より抜粋)

アクティビア・プロパティズ投資法人 決算説明会拾い読み

 

アクティビア・プロパティズ投資法人 決算説明会拾い読み

 

アクティビア・プロパティズ投資法人 決算説明会拾い読み

  • PR

  • PR

決算発表動画
物件取得価格ランキング
1 新宿三井ビルディング 1,700億円
2 六本木ヒルズ森タワー 1,154億円
3 飯田橋グラン・ブルーム 1,135億円
4 汐留ビルディング 1,069億円
5 東京汐留ビルディング 825億円
株価値上り率ランキング
1 コンフォリア・レジ +2.49%
2 イオンリート +1.11%
3 ユナイテッド +1.01%
* 当サイトはJ-REIT(不動産投資信託)の情報提供を目的としており、投資勧誘を目的としておりません。
* 当サイトの情報には万全を期しておりますがその内容を保証するものではなくまた予告なしに内容が変わる(変更・削除)することがあります。
* 当サイトの情報については、利用者の責任の下に行うこととし、当社はこれに係わる一切の責任を負うものではありません。
* 当サイトに記載されている情報の著作権は当社に帰属します。当該情報の無断での使用(転用・複製等)を禁じます。