スマートフォン版を表示

2018年05月28日

「REITキーマンに聞く!」 マリモ・アセットマネジメント株式会社 北方 隆士氏

今回は、マリモ・アセットマネジメント株式会社 北方 隆士氏に業界動向やファンドの特徴に関してインタビュー形式でお話していただきました。

マリモ・アセットマネジメント株式会社 北方 隆士氏

第二部:マリモ地方創生リート投資法人について

――マリモ地方リート投資法人の特徴・強みをお聞かせください。

まず特徴としては、“地方から日本を強くしていく“ことを基本理念とし、地方に資金を還流させながら地方の活性化に貢献していくREITであることが挙げられます。
またリスクリターンの目線に合った物件への厳選投資、レジデンスと商業施設を基本としたポートフォリオデザインにより分配金の安定性とアップサイドの両立を狙っている点も、もう一つの特徴として挙げられるでしょう。
強みとしては、相対的に高利回りのポートフォリオ構成が挙げられます。
上場時はスポンサーの協力により鑑定NOI利回り6.9%、償却後利回り5.0%という高利回りのポートフォリオを構築できました。
今年1月に行った公募増資で取得した7物件においても鑑定NOI利回り6.2%、償却後利回り5.0%と比較的高い利回り水準での取得に成功しています。こうした点を評価いただいたことが投資口価格の上昇の一因にも繋がっているという認識です。

――収益性の高い物件が集積している東京ではなく、地方での物件取得に目を向けるに至った背景をお話し下さい。

やはりスポンサーであるマリモが地方都市を中心に43都道府県にて分譲マンション事業及び市街地再開発事業など数多く手がけてきたこと、そしてそれによって地方都市マーケット把握力・目利き力・情報取得力等について高い水準のノウハウを有していることが大きいですね。
今後も、資本市場から調達した資金を優良な地方不動産への投資という形で地方に還流し、地域活性化、地方創生に貢献していきたいと考えています。

――今後の外部成長について戦略や方針、目標についてお聞かせください。

全国7拠点に本・支店を構え、「地方の不動産案件と言えばマリモ」というブランドを確立しているスポンサーと密接に協力し、ウェアハウジング機能等も活用しながら隠れた優良物件を掘り起し、積極的に購入していく方針です。
また運用会社であるマリモ・アセットマネジメント株式会社も、ソーシング等を通じて商業テナントとの関係構築を進めていますので、その中から生じる取得案件を1件でも多く増やしていきたいですね。
こうした働きかけを重ねた末に「上場3年後に資産規模500億円」という目標の実現があると考えています。

1|2|3|4
  • PR

  • PR

決算発表動画
物件取得価格ランキング
1 六本木ヒルズ森タワー 1,154億円
2 東京汐留ビルディング 1,100億円
3 汐留ビルディング 1,069億円
4 北の丸スクエア 816億円
5 汐留ビルディング 716億円
株価値上り率ランキング
1 ジャパン・ホテル +1.95%
2 フロンティア +1.35%
3 MidCity +1.20%
* 当サイトはJ-REIT(不動産投資信託)の情報提供を目的としており、投資勧誘を目的としておりません。
* 当サイトの情報には万全を期しておりますがその内容を保証するものではなくまた予告なしに内容が変わる(変更・削除)することがあります。
* 当サイトの情報については、利用者の責任の下に行うこととし、当社はこれに係わる一切の責任を負うものではありません。
* 当サイトに記載されている情報の著作権は当社に帰属します。当該情報の無断での使用(転用・複製等)を禁じます。