スマートフォン版を表示

ケネディクス・レジデンシャル投資法人 (3278)

J-REIT銘柄情報

3278 ケネディクス・レジデンシャル投資法人

ケネディクス・レジデンシャル投資法人とジャパン・シニアリビング投資法人が合併契約を締結

(2017/11/10)

ケネディクス・レジデンシャル投資法人(KDR)と、ジャパン・シニアリビング投資法人(JSL)が平成30年3月1日を効力日とする合併契約を締結した。存続投資法人はKDR。合併比率はKDR:JSL=2:1。一方、JSLは平成30年1月開催予定の投資主総会における合併承認を経て、2月26日に上場廃止の予定。資産運用会社はKDRの資産運用会社がJSLの運用業務を承継する。 両投資法人ともに主要スポンサーがケネディクスである点、KDRにおいては不動産取得環境が厳しく外部成長が難しい点、JSLは時価総額が小さくヘルスケアREITの認知度が低い点等を合併に至る背景とする。合併後は「ケネディクス・レジデンシャル・ネクスト投資法人」と名称を変更し、レジデンス、ヘルスケア施設、ホテル等の複合型のREITとなる。合併後の資産規模は1,931億円と資産規模2,000億円が視野に入るとともに、異なる用途による収益安定性、コスト削減による運用効率の向上、有利子負債比率低下による財務強化を図る。更に合併に伴い負ののれんが発生する。 これに伴い、合併後の業績予想を発表。第13期(平成30年7月期)は、JSLの運用資産14物件を承継。負ののれんを3,283百万円と試算し特別利益に計上し、当期純利益は5,694百万円を見込む。負ののれんを内部留保する一方、合併報酬相当額を取崩し、分配金総額は2,795百万円、投資口2分割に伴い1口当たり分配金3,570円(分割前換算7,140円)となる見通し。 第14期(平成31年1月期)1口当たり分配金は3,610円(分割前換算7,220円)となる見通し。

<合併後のポートフォリオ構築方針>    
    組入比率  
居住用施設
(賃貸住宅・サービスアパートメント・社宅等)
60%以上  
ヘルスケア施設
(有料老人ホーム、高齢者向け住宅、病院等)
20%以下  
ホテル 20%以下  
その他 10%以下  
     
  第13期予想 (第12期予想) 増減率
営業収益 6,580百万円 5,623百万円 17.0%
当期利益 5,694百万円 2,303百万円 147.2%
分配金総額 2,795百万円 2,373百万円 17.8%
1口当たり分配金 3,570円 3,400円 5.0%
(※第12期1口当たり分配金は分割後換算)    
  第14期予想 (第13期予想) 増減率
営業収益 6,730百万円 6,580百万円 2.3%
当期利益 2,826百万円 5,694百万円 ▲50.4%
分配金総額 2,826百万円 2,795百万円 1.1%
1口当たり分配金 3,610円 3,570円 1.1%

ケネディクス・レジデンシャル投資法人の記事を最新5件
2017/09/13
ケネディクス・レジデンシャル投資法人が第11期決算を発表、1口当たり実績分配金は6,633円
2017/08/29
ケネディクス・レジデンシャル投資法人が匿名組合出資持分を取得
2017/07/25
ケネディクス・レジデンシャル投資法人が匿名組合出資持分を取得
2017/06/27
ケネディクス・レジデンシャル投資法人が福岡のレジデンスを取得
2017/06/15
ケネディクス・レジデンシャル投資法人がKDXレジデンス豊洲の取得契約を締結
  • PR

  • PR

決算発表動画
物件取得価格ランキング
1 新宿マインズタワー 1,338億円
2 六本木ヒルズ森タワー 1,154億円
3 東京汐留ビルディング 1,100億円
4 汐留ビルディング 1,069億円
5 北の丸スクエア 816億円
株価値上り率ランキング
1 MidCity +2.45%
2 ケネディクス・レジ +2.11%
3 いちごオフィス +1.95%
* 当サイトはJ-REIT(不動産投資信託)の情報提供を目的としており、投資勧誘を目的としておりません。
* 当サイトの情報には万全を期しておりますがその内容を保証するものではなくまた予告なしに内容が変わる(変更・削除)することがあります。
* 当サイトの情報については、利用者の責任の下に行うこととし、当社はこれに係わる一切の責任を負うものではありません。
* 当サイトに記載されている情報の著作権は当社に帰属します。当該情報の無断での使用(転用・複製等)を禁じます。