スマートフォン版を表示

日本リテールファンド投資法人 (8953)

J-REIT銘柄情報

8953 日本リテールファンド投資法人

日本リテールファンド投資法人が大阪心斎橋8953ビルを売却、業績予想を修正

(2019/02/20)

日本リテールファンド投資法人(JRF)が、大阪心斎橋8953ビルを8月に売却する。 大阪心斎橋8953ビルは、大阪市営地下鉄心斎橋駅より徒歩3分に位置する、東急ハンズ心斎橋店。JRFが2002年上場時より運用する。 テナントの東急ハンズとの契約交渉の中で、長期の賃貸借契約への切替えが難しいこと、仮に東急ハンズが退去した場合、後継テナントの入居には追加投資期間を要すること等を勘案し、売却を決定。 売却額は149億円と、鑑定価格(2018年8月時点)140億円を上回る。簿価との差額は約28億円となり、売却益が発生する。また売却により獲得した代金を、新たな物件取得に振り向ける予定。 これに伴い、第34期(2019年2月期)及び第35期(2019年8月期)業績予想を修正。 第34期は、期中に取得した3物件の収益寄与、川崎ルフロンのリニューアル費用の後ろ倒しにより、2018年10月に公表した業績予想に対し10%増益を見込む。これに伴い内部留保取崩額を1,772百万円から784百万円に減額し、1口当たり分配金は4,430円と変わらない見通し。 第35期は、大阪心斎橋ビルの売却益2,742百万円計上に伴い、前回予想比22.1%増益を見込む。売却益のうち363百万円を内部留保する一方、一時差異等調整積立金より31百万円を取崩し、1口当たり分配金は4,430円と変わらない見通し。 なお、業績予想の修正に伴い、第35期末時点の内部留保額は4,682百万円(1口当たり換算1,788円)となる。

<売却>      
物件名称 大阪心斎橋8953ビル
所在地 大阪府大阪市中央区南船場
売却額 14,900百万円
簿価(売却時想定) 12,038百万円
差額(売却額-簿価) 2,862百万円
売却日 2019年8月30日
売却先 非開示
       
  第34期予想 (修正前) 増減率
営業収益 30,533百万円 30,221百万円 1.0%
当期利益 10,812百万円 9,825百万円 10.0%
分配金総額 11,597百万円 11,597百万円 0.0%
1口当たり分配金 4,430円 4,430円 0.0%
       
  第35期予想 (修正前) 増減率
営業収益 33,224百万円 30,296百万円 9.7%
当期利益 11,929百万円 9,769百万円 22.1%
分配金総額 11,597百万円 11,597百万円 0.0%
1口当たり分配金 4,430円 4,430円 0.0%

日本リテールファンド投資法人の記事を最新5件
2018/12/19
日本リテールファンド投資法人がGビル神宮前08、ラウンドワンスタジアム川崎大師店を取得
2018/10/17
日本リテールファンド投資法人がGビル南青山03を取得
2018/10/15
日本リテールファンド投資法人が第33期決算を発表、1口当たり実績分配金は4,430円
2018/08/28
日本リテールファンド投資法人がm-シティ柏を取得、イオン戸畑ショッピングセンターを売却
2018/07/26
日本リテールファンド投資法人がイトーヨーカドー川崎店を売却
  • PR

  • PR

決算発表動画
物件取得価格ランキング
1 六本木ヒルズ森タワー 1,154億円
2 東京汐留ビルディング 1,100億円
3 汐留ビルディング 1,069億円
4 北の丸スクエア 816億円
5 汐留ビルディング 716億円
株価値上り率ランキング
1 伊藤忠アドバンス・ロジ +1.93%
2 インヴィンシブル +1.31%
3 ザイマックス +1.19%
* 当サイトはJ-REIT(不動産投資信託)の情報提供を目的としており、投資勧誘を目的としておりません。
* 当サイトの情報には万全を期しておりますがその内容を保証するものではなくまた予告なしに内容が変わる(変更・削除)することがあります。
* 当サイトの情報については、利用者の責任の下に行うこととし、当社はこれに係わる一切の責任を負うものではありません。
* 当サイトに記載されている情報の著作権は当社に帰属します。当該情報の無断での使用(転用・複製等)を禁じます。
[modified] => 2018-09-18 15:29:41