スマートフォン版を表示

日本都市ファンド投資法人 (8953)

J-REIT銘柄情報

8953 日本都市ファンド投資法人

日本都市ファンド投資法人が第39期決算を発表、1口当たり実績分配金は2,286円

(2021/10/15)

日本都市ファンド投資法人が、第39期(2021年8月期)決算を発表した。 第39期は、期初にMCUBS MidCity投資法人と合併し「ツイン21」等25物件を承継し、総合型REITとなった。期中に「JMFビル市ヶ谷01」等2物件を取得する一方、「イトーヨーカドー四街道店」等3物件を売却。また私募REITへの投資や、メザニンローン債権投資等、取得手法が多様化。合併費用や合併報酬が発生する一方、賃貸収益の増加、売却損益差引き340百万円計上により、前期比13.9%増益。圧縮積立金及び一時差異等調整積立金より計2,427百万円を取崩し、投資口2分割により、1口当たり分配金は2,286円と前期比1.6%増(分割後換算)となった。なお、合併に伴い正ののれん156億円が発生。20年間にわたって毎期償却する予定。 期末のポートフォリオは126物件、資産規模(取得額合計)は1兆1,737億円と、日本ビルファンド投資法人に続く2番目の規模となった。有利子負債比率は43.6%。 第40期(2022年2月期)は、「JMFビル広尾01」「JMFビル船橋01」を取得、またメザニンローン債権を取得。前期の物件売却損益がなくなるが、前期に取得した物件の通期稼働、合併報酬及び合併費用の減少等により、前期比4.7%増益。圧縮積立金及び一時差異等調整積立金より計1,545百万円を取崩し、1口当たり分配金は2,250円となる見通し。 第41期(2022年8月期)は、「JMFレジデンス学芸大学」を取得する。既存物件の減収、固都税や修繕費が増加するが、新規物件が寄与し、前期予想比0.2%増加を見込む。圧縮積立金より1,522百万円を取崩し、1口当たり分配金は2,250円と前期予想と同額となる見通し。 引き続き物件入替えを進め、都市型のポートフォリオを強化する。 また総合型REITを活かし、商業区画の用途を転換し、複合化を進めていく。

           
  第39期実績 第40期予想 前期比 第41期予想 前期比
営業収益 40,360百万円 37,887百万円 ▲6.1% 38,877百万円 2.6%
当期利益 13,549百万円 14,179百万円 4.6% 14,203百万円 0.2%
分配金総額 15,977百万円 15,725百万円 ▲1.6% 15,725百万円 0.0%
1口当たり分配金 2,286円 2,250円 ▲1.6% 2,250円 0.0%

日本都市ファンド投資法人の記事を最新5件
2022/04/20
日本都市ファンド投資法人がGビル神宮前02を売却
2022/04/18
日本都市ファンド投資法人が第40期決算を発表、1口当たり実績分配金は2,284円
2022/03/30
日本都市ファンド投資法人が軽井沢の底地を取得
2022/03/18
日本都市ファンド投資法人がフージャースプライベートリート投資法人の投資口を取得
2022/03/17
三菱商事とUBSが三菱商事・ユービーエス・リアルティの全株式をKKRへ売却
  • PR

  • PR

決算発表動画
物件取得価格ランキング
1 新宿三井ビルディング 1,700億円
2 六本木ヒルズ森タワー 1,154億円
3 飯田橋グラン・ブルーム 1,138億円
4 汐留ビルディング 1,069億円
5 東京汐留ビルディング 825億円
株価値上り率ランキング
1 日本プロロジス +2.61%
2 ラサールロジ +1.97%
3 日本ビルファンド +1.31%
* 当サイトはJ-REIT(不動産投資信託)の情報提供を目的としており、投資勧誘を目的としておりません。
* 当サイトの情報には万全を期しておりますがその内容を保証するものではなくまた予告なしに内容が変わる(変更・削除)することがあります。
* 当サイトの情報については、利用者の責任の下に行うこととし、当社はこれに係わる一切の責任を負うものではありません。
* 当サイトに記載されている情報の著作権は当社に帰属します。当該情報の無断での使用(転用・複製等)を禁じます。