スマートフォン版を表示

日本都市ファンド投資法人 (8953)

J-REIT銘柄情報

8953 日本都市ファンド投資法人

日本都市ファンド投資法人が第44期決算、自己投資口の取得を発表

(2024/04/17)

日本都市ファンド投資法人(JMF)が、第44期(2024年2月期)決算を発表した。 第44期は、「JMFレジデンス町田」等住宅2物件、匿名組合出資持分、私募REITの投資口を取得する一方、「イオンモール鶴見緑地」の一部と「ラウンドドワン三宮駅前店」を売却した。商業施設やホテルの歩合賃料が寄与し賃貸収益が増加したが、物件売却益の減少により、前期比0.2%減益。一時差異等調整積立金より371百万円を取り崩す一方、522百万円を内部留保とし、1口当たり分配金は2,270円と前期比0.4%増となった。 期末のポートフォリオは133物件、資産規模(取得額合計)は1兆2,100百万円、有利子負債比率は44.1%。 併せて自己投資口の取得を行うことを発表した。JMFの自己投資口取得は、合併前の日本リテールファンド投資法人が実施した2020年以来で3回目となる。 取得する投資口数は上限15,000口(発行済投資口数の0.21%)、取得総額は上限10億円。取得した投資口は2024年8月期中に消却する予定。 第45期(2024年8月期)は、「JMFレジデンス浅草橋三丁目」等住宅8物件、匿名組合出資持分2件を取得、「イオンモール札幌苗穂」の一部を売却する。賃貸収益は増加するが、物件売却益の減少により、前期比4.5%減益を見込む。一時差異等調整積立金及びその他の内部留保より計431百万円を取崩し、1口当たり分配金は2,250円となる見通し。 第46期(2025年2月期)は、「イオンモール札幌苗穂」の一部を追加売却する。新規物件や商業施設の収益増加が寄与し、前期予想比0.9%増益を見込む。内部留保より404百万円を取崩し、1口当たり分配金は2,266円となる見通し。 なお、業績予想に自己投資口の消却の影響は反映していない。 引き続き成長フェーズと認識する。商業施設を中心に残り約1,000億円の物件売却を行うとともに、インフレを意識した物件取得や賃料増額によって分配金及びNAVの成長を目指す。

           
  第44期実績 第45期予想 前期比 第46期予想 前期比
営業収益 40,879百万円 40,478百万円 ▲1.0% 40,700百万円 0.5%
当期利益 16,016百万円 15,293百万円 ▲4.5% 15,434百万円 0.9%
分配金総額 15,865百万円 15,725百万円 ▲0.9% 15,839百万円 0.7%
1口当たり分配金 2,270円 2,250円 ▲0.9% 2,266円 0.7%

日本都市ファンド投資法人の記事を最新5件
2024/05/21
日本都市ファンド投資法人が(仮称)JMFビル沖縄国際通り01を2026年2月に取得予定
2024/03/22
日本都市ファンド投資法人が匿名組合出資持分を取得
2024/02/07
日本都市ファンド投資法人が住宅4物件を取得
2023/12/25
日本都市ファンド投資法人が日神プライベートレジリート投資法人の投資口を追加取得
2023/12/14
日本都市ファンド投資法人が名古屋の住宅1物件を取得、住宅12物件を裏付資産とする匿名組合出資持分を取得
  • PR

  • PR

決算発表動画
物件取得価格ランキング
1 新宿三井ビルディング 1,700億円
2 飯田橋グラン・ブルーム 1,389億円
3 六本木ヒルズ森タワー 1,154億円
4 汐留ビルディング 1,069億円
5 東京汐留ビルディング 825億円
株価値上り率ランキング
1 ジャパン・ホテル +1.00%
2 平和不動産リート +0.74%
3 インヴィンシブル +0.58%
* 当サイトはJ-REIT(不動産投資信託)の情報提供を目的としており、投資勧誘を目的としておりません。
* 当サイトの情報には万全を期しておりますがその内容を保証するものではなくまた予告なしに内容が変わる(変更・削除)することがあります。
* 当サイトの情報については、利用者の責任の下に行うこととし、当社はこれに係わる一切の責任を負うものではありません。
* 当サイトに記載されている情報の著作権は当社に帰属します。当該情報の無断での使用(転用・複製等)を禁じます。