スマートフォン版を表示

2022年12月21日

「REITキーマンに聞く!」株式会社三菱UFJ銀行 次長 坂田 元樹氏

今回は、株式会社三菱UFJ銀行 ソリューションプロダクツ部 不動産ファイナンスグループREITチーム 次長 坂田 元樹氏に金融機関から見たREIT業界の動向に関してインタビュー形式でお話をしていただきました。

株式会社三菱UFJ銀行 坂田 元樹氏

株式会社三菱UFJ銀行 ソリューションプロダクツ部 不動産ファイナンスグループ REITチーム
次長 坂田 元樹(さかた もとき)氏

第1部:三菱UFJ銀行および所属チーム(不動産ファイナンスチーム)について

――所属されている部署についてのご説明をお願いします。

弊行の不動産ファイナンスグループは総勢約70名、3つのラインで構成されています。 1つ目は私が所属しているREITチーム、2つ目は不動産私募ファンドチーム、3つ目は企画管理及びエクイティチーム(私募REITや私募ファンドの組成支援)です。

――REIT市場に創成期から関わる金融機関として、REIT市場における立ち位置やシェア等を教えていただければと思います。

2022年9月末時点での弊行のJ-REIT向けの融資残高は約1.7兆円。貸出シェアは約19%とトップの位置におります。 J-REIT向けの貸出シェアの特徴は特定の金融機関に偏っていることです。弊行を含む3メガバンクで約5割のシェア、信託銀行や政府系金融機関を含めると約8割のシェアとなります。

 

株式会社三菱UFJ銀行 坂田 元樹氏

 

1|2|3|4|5
  • PR

  • PR

決算発表動画
物件取得価格ランキング
1 新宿三井ビルディング 1,700億円
2 六本木ヒルズ森タワー 1,154億円
3 飯田橋グラン・ブルーム 1,135億円
4 汐留ビルディング 1,069億円
5 東京汐留ビルディング 825億円
株価値上り率ランキング
1 日本アコモ +1.37%
2 ヘルスケア&メディカル +1.16%
3 マリモ +1.04%
* 当サイトはJ-REIT(不動産投資信託)の情報提供を目的としており、投資勧誘を目的としておりません。
* 当サイトの情報には万全を期しておりますがその内容を保証するものではなくまた予告なしに内容が変わる(変更・削除)することがあります。
* 当サイトの情報については、利用者の責任の下に行うこととし、当社はこれに係わる一切の責任を負うものではありません。
* 当サイトに記載されている情報の著作権は当社に帰属します。当該情報の無断での使用(転用・複製等)を禁じます。