スマートフォン版を表示

不動産英語塾

金融不動産業界でのキャリアアップに必須の不動産英語 不動産ビジネス英語プロフェッショナル講座

講座の目的

今や必須となりつつある不動産金融におけるプロフェッショナル英語!

現在では、投資家の外国人比率の上昇や各国政府系投資機関のソブリンファンドなど、外資系ファンドの日本への投資、海外アセットのREITへの組み入れが増えております。
英語が必要となる場面としては、アセットマネージャーは外国人投資家に対する報告業務があります。またIR担当者も同様に、説明機会の増加のため必然的に使用するようになってきています。
外資系ファンドでは、入社時にすでに高い英語力が求められ、ファンド立ち上げ時には、本国と英語でのコミュニケーションが必要不可欠となります。
このように不動産金融業界において、キャリア展開やビジネス遂行に関して、英語が必須になりつつあります。

講座申込みをクリック後入力フォームにご記入ください。

対象

  • ・グローバルIRを行われる方
  • ・外国人投資家向けに不動産の説明が必要な方
  • ・外資系不動産ファンドへの就職、転職を考えている方

講義カリキュラム

日本語及び英語。中・上級レベルの方に対応可能な講義で、ビジネスの様々なシーンで必要とされる英語能力を習得する実践コースとなっております。

※1講座から申込みができます。
※各講座とも名刺交換交流会を予定しております。

不動産ビジネス英語プロフェッショナル講座 講座詳細PDF

2014 年8月23日・9月13日・9月20日・27日(土) 15時15分~17時50分 2.5時間

セッション④~⑦
「アセットマネジメント・ファンドマネジメントに必要な英語スキル」
  【講 師】
(株)イデラキャピタルマネジメント
ファンドマネジメント部門責任者 角野治美氏
【内容】
アセット&ファンドマネージャーとして世界の投資家を相手に活躍する講師が不動産アセットマネジメント業務の現場で実際に行われている英語での会話や実務を解説。第5期で大変人気を博した講義を回数を倍増し行います。
本講義を受講する事により、不動産アセットマネジメントの実務とそこで使われる英語スキルを習得する事ができます。

本講義は、毎回、以下の内容で構成されます。
1. (インプット)講義と宿題の解説(知識とノウハウのインプット)
2.(アウトプット)宿題の解説と発表
3.(宿題) Reading Material and Writing or Speaking
【第1回講義概要】
・(導入)英語の学び方、会話英語、文章英語の文章の組み立て方のノウハウ
・不動産マーケットの単語と表現(空室率、賃料、傾向動向の表現方法)
・日本の不動産市場・賃貸、売買取引につき説明するための用語と表の学習1
・Property Market Report の解説
(宿題:会話)外国人をプロパティツアーに案内して、物件の説明をする。
【第2回講義概要】
・日本の不動産市場・賃貸、売買取引につき説明するための用語と表現の学習
(定借と普通借、テナント立ち退きについて訴訟について説明等)
・(宿題:会話)AM(またはPM)が、外国人投資家に、日本の賃貸慣行と、投資中の物件の賃貸募集条件について説明・交渉する。
【第3回講義概要】
・ファンド関連用語と表現の学習
・ファンドの投資リターンの表現、借入、ファンドの種類
・INREV Definitionの解説
・(宿題:会話)AM(または仲介)が、外国人投資家に、購入候補の不動産について売り込む際に、物件の価格や利回りについて説明・交渉をする。
【第4回講義概要】
・AMレポートで使用する用語と表現の学習
・英文契約書で使用する用語と表現の学習(英文ローン契約、英文AM契約の表現の解説)
・デューデリジェンス(不動産鑑定評価書、エンジニアリングレポート、環境関連)で使用する用語と表現の学習
・英文のレポートの解説(比較の表現を学ぶ)
(宿題:Writing)AMレポートを書く本講義は、毎回、以下の内容で構成されます。
1.(インプット)講義と宿題の解説(知識とノウハウのインプット)
2.(アウトプット)宿題の解説と発表
3.(宿題) Reading Material and Writing or Speaking
(株)イデラキャピタルマネージメント<br />ファンドマネジメント部門責任者 角野治美氏

2014 年10月4日(土)15時15分~17時50分 2.5時間

セッション⑧「現役不動産アナリストによるアジアグローバル不動産の潮流と求められる英語スキル」
  【講 師】
株式会社ニッセイ基礎研究所 金融研究部門 増宮 守氏
CBRE株式会社 リサーチ部門 エグゼクティブディレクター 大久保 寛 氏
Jefferies Japan Senior Vice President Real Estate Analyst Chang Han Joo 氏
【内容】
2014年におけるアジア不動産業界の潮流と不動産業界でどのように英語が使用されているか実例を交えながら3名のアナリストがそれぞれ講義を行います。
その後各パネラーによる英語でのディスカッションを行います。
尚、参加者には各講師より事前に講義に使用する英文または日本文がHOMEWORKとして配布されますので、当日までにその文面を日本文または英文に訳してご参加ください。
それを前提に当日各講師が解説講義をいたします。終了後には名刺交換懇親会を開催。(18時10分~19時)

修了証と修了要件

コース(第1回~8回)受講生には修了証を発行します。

講座予定表と受講価格

複数講座をお申し込みの場合は、下記の受講料を適用します。
    2講座セット    36,000円
    4講座セット    68,000円
    5講座セット    78,000円
    全8講座セット   98,000円
※講座終了分のWEB映像+テキストPDF付き

回数 日程 曜日 時間 講座 講師 受講料
(税込・円)
コース
受講料
(税込・円)
第1回 終了 土曜日 15時15分

17時50分
「ロジステックス物流不動産業界で必要な英語スキル」 (株)ベアロジ代表 マシュー・ザン氏他 20,000
19,500
98,500
98,000
第2回 終了 「グローバル不動産マーケットを読み解く際の英語スキル」 日経不動産マーケット情報 本間純氏
DTZ シャイ・グリーンバーグ氏
20,000
19,500
第3回 終了 「不動産建築業務で求められる英語スキル」 大手不動産コンサルティング会社 スペースプランナー
メリエル・クア氏
20,000
19,500
第4回 終了 「アセットマネジメント・ファンドマネジメントに必要な英語スキル1」 (株)イデラキャピタルマネジメント
ファンドマネジメント部門責任者 角野治美氏
20,000
19,500
第5回 終了 「アセットマネジメント・ファンドマネジメントに必要な英語スキル2」 20,000
19,500
第6回 終了 「アセットマネジメント・ファンドマネジメントに必要な英語スキル3」 20,000
19,500
第7回 9月27日 「アセットマネジメント・ファンドマネジメントに必要な英語スキル4」 20,000
19,500
第8回 10月4日 「現役不動産アナリストによるアジアグローバル不動産の潮流と求められる英語スキル」 株式会社ニッセイ基礎研究所 金融研究部門 増宮 守氏/
CBRE株式会社 リサーチ部門 エグゼクティブディレクター 大久保 寛 氏/
Jefferies Japan Senior Vice President Real Estate Analyst Chang Han Joo 氏
20,000
19,500
修了式 10月25日 修了式&記念講演&懇親会 - コース受講生無料

※受講料に関しては、テキスト費用込み・税込価格表記となっております。
※領収書の発行可能。

講座申込みをクリック後入力フォームにご記入ください。

講座に関して

開催期間 2014年8月23日~10月4日 土曜日15時15分~17時50分
(2.5時間×8回)
会場

セッション④
四ツ谷ビジネスラウンジセミナールーム 千代田区麹町6-2-6 ユニ麹町ビル4階
アクセスMAPはこちら

セッション⑤~⑦
TKP虎ノ門ビジネスセンター 東京都港区虎ノ門1-19-9 虎ノ門TBLビルディング 3階カンファレンスルーム3B
アクセスMAPはこちら

セッション⑧
TKP虎ノ門ビジネスセンター 東京都港区虎ノ門1-19-9 虎ノ門TBLビルディング 6階カンファレンスルーム6A
アクセスMAPはこちら

※会場が変更になる場合がございます。その際、受講生にメールにてご連絡いたします。

参加費 講座予定表と受講価格をご確認ください。
定員 30名 満員
主催 不動産英語塾 (運営:toCoda合同会社)
  • PR

  • PR

決算発表動画
物件取得価格ランキング
1 新宿マインズタワー 1,338億円
2 六本木ヒルズ森タワー 1,154億円
3 東京汐留ビルディング 1,100億円
4 汐留ビルディング 1,069億円
5 北の丸スクエア 816億円
株価値上り率ランキング
1 グローバル・ワン +1.15%
2 野村不動産マスター +1.05%
3 積水ハウス・レジ +0.81%
* 当サイトはJ-REIT(不動産投資信託)の情報提供を目的としており、投資勧誘を目的としておりません。
* 当サイトの情報には万全を期しておりますがその内容を保証するものではなくまた予告なしに内容が変わる(変更・削除)することがあります。
* 当サイトの情報については、利用者の責任の下に行うこととし、当社はこれに係わる一切の責任を負うものではありません。
* 当サイトに記載されている情報の著作権は当社に帰属します。当該情報の無断での使用(転用・複製等)を禁じます。