スマートフォン版を表示

フロンティア不動産投資法人 (8964)

J-REIT銘柄情報

8964 フロンティア不動産投資法人

フロンティア不動産投資法人のスポンサーである日本たばこ産業が運用会社の全株式を三井不動産へ売却

(2008/02/18)

フロンティア不動産投資法人(FRI)のスポンサーである日本たばこ産業(JT)が、資産運用会社であるフロンティア・リート・マネジメント(FRM)の全株式を3月24日に三井不動産へ売却する。この取引に伴い資産運用会社名称は、三井不動産フロンティアリートマネジメント(株)に変更される予定。JTは株式売却後2年間は利害関係人として運用に関わるものの、事実上J-REITから撤退し、FRIは三井不動産傘下のJ-REITとなる。併せて、FRIは三井不動産に対し第三者割当による投資口追加発行を行う。発行口数は14,600口。これにより三井不動産は、FRIの投資口を11.7%保有する筆頭投資主となる予定。 FRIはJTとパイプライン契約を活用して物件を取得してきたが、JTの資産売却が進み今後の外部成長余地が少なくなっていた。この点からFRIは持続的な成長と更なる発展のために、三井不動産にスポンサーを変更することとなった。FRIは、三井不動産グループが保有する商業施設6物件の優先交渉権を取得する。一方、三井不動産は商業施設REITを立ち上げるべく準備を進めていたが、この取引に伴い、独自で設立していた資産運用会社及び投資法人を解散する予定。

フロンティア不動産投資法人の記事を最新5件
2022/02/15
フロンティア不動産投資法人が第35期決算、イトーヨーカドー東大和店の売却を発表
2021/08/16
フロンティア不動産投資法人が第34期決算を発表、1口当たり実績分配金は10,747円
2021/06/21
フロンティア不動産投資法人が投資口追加発行、三井ショッピングパークららぽーと新三郷等3物件を取得
2021/02/15
フロンティア不動産投資法人が第33期決算を発表、1口当たり実績分配金は10,448円
2020/08/17
フロンティア不動産投資法人が第32期決算を発表、1口当たり実績分配金は10,766円
  • PR

  • PR

決算発表動画
物件取得価格ランキング
1 新宿三井ビルディング 1,700億円
2 六本木ヒルズ森タワー 1,154億円
3 飯田橋グラン・ブルーム 1,135億円
4 汐留ビルディング 1,069億円
5 東京汐留ビルディング 825億円
株価値上り率ランキング
1 エスコンジャパン +4.12%
2 いちごホテル +3.13%
3 積水ハウスリート +2.61%
* 当サイトはJ-REIT(不動産投資信託)の情報提供を目的としており、投資勧誘を目的としておりません。
* 当サイトの情報には万全を期しておりますがその内容を保証するものではなくまた予告なしに内容が変わる(変更・削除)することがあります。
* 当サイトの情報については、利用者の責任の下に行うこととし、当社はこれに係わる一切の責任を負うものではありません。
* 当サイトに記載されている情報の著作権は当社に帰属します。当該情報の無断での使用(転用・複製等)を禁じます。